« O.J.シンプソンに強盗容疑 | トップページ | theatre:命--特攻隊の青春 »

2007/09/16

北方領土に次期首相のアプローチは?

露大統領、2島返還を改めて強調…北方領土問題

プーチン大統領は、平和条約締結後の歯舞、色丹2島の返還を明記した1956年の日ソ共同宣言に基づいて解決する意向を明らかにし、「(歯舞、色丹以外の)他の島には、日本人に『完全なアクセス』を認めるつもりだ」と発言、日本人の投資や訪問、人的交流などの活動を認める考えを表明した。国後、択捉両島の領土主権はあくまで露側というわけである。

さて、次期首相は誰になるのか、今のところ一応不明なわけだが、日本政府の利害関係からしてこの種の二島返還論は受け入れる余地がなさそうである。

|

« O.J.シンプソンに強盗容疑 | トップページ | theatre:命--特攻隊の青春 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/16460297

この記事へのトラックバック一覧です: 北方領土に次期首相のアプローチは?:

« O.J.シンプソンに強盗容疑 | トップページ | theatre:命--特攻隊の青春 »