« politique:知っていたのは俺だけじゃない | トップページ | jugement:検索連動型広告が商標法違反となるかどうかが争われた事例 »

2007/09/20

kabuki:玉三郎を見る

玉三郎演じる阿古屋をみた。

音楽裁判と解説にあって、なかなか面白い見方だと感心した。
琴責めともいう。一種の嘘発見器というわけである。
下手な人に弾かせるのは拷問かも。でも阿古屋にとっては拷問ではない。岩永が怒るわけだ。

あらすじ・感想など壇浦兜軍記が面白い。
公式情報は歌舞伎座ホームページへ。

|

« politique:知っていたのは俺だけじゃない | トップページ | jugement:検索連動型広告が商標法違反となるかどうかが争われた事例 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/16510857

この記事へのトラックバック一覧です: kabuki:玉三郎を見る:

« politique:知っていたのは俺だけじゃない | トップページ | jugement:検索連動型広告が商標法違反となるかどうかが争われた事例 »