« NEWS:コンセントを勝手に使って充電=>送検! | トップページ | 「iPhone」、英国では3Gに対応せず »

2007/09/19

jugement:行政義務づけ訴訟が法律上の争訟に当たらないとされた事例

東京地判平成19年1月12日PDF全文

内閣総理大臣の内閣法6条に基づく指揮監督権や、同条に基づかない指揮監督権は、国務大臣に強制することも、国務大臣の頭越しに命令することもできないのだから、その発動を求める訴えは法律上の争訟に当たらないとの判断。

内閣総理大臣の国務大臣への指揮監督権は、罷免権を行使する以外に強制力はないとのことである。

|

« NEWS:コンセントを勝手に使って充電=>送検! | トップページ | 「iPhone」、英国では3Gに対応せず »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

検察官の不起訴処分へ対して、起訴を義務付ける訴訟(行政事件訴訟法第37条の2)も法律上の争訟に該たらないのでしょうか?

投稿: 杉さま | 2007/09/20 13:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/16500690

この記事へのトラックバック一覧です: jugement:行政義務づけ訴訟が法律上の争訟に当たらないとされた事例:

« NEWS:コンセントを勝手に使って充電=>送検! | トップページ | 「iPhone」、英国では3Gに対応せず »