« France:法務大臣は司法の長か? | トップページ | RSSもスパムに使う »

2007/09/05

enquete:橋下弁護士と光母子殺人弁護団

アンケートです。
橋下弁護士のいうように、弁護団は説明が不十分だから懲戒されるべきでしょうか?
それとも橋本弁護士は否定していますが、殺意がないとか死姦が復活の儀式だという主張があまりにばかばかしくて、遺族の気持ちも傷つけるものなので、弁護団は懲戒されるべきでしょうか?
あるいは、橋下弁護士の言い分も分かるけれど、懲戒申立てまでは行き過ぎだとお考えでしょうか?
さらに、橋下弁護士の言い分は全くおかしい、懲戒申立てもそれを煽るのも違法だとお考えでしょうか?

できれば、下記参考サイトを読んだ上でお答え下さい。

参考サイト
 橋下弁護士のブログ
 光母子殺人事件弁護団の言い分Q&A(ヤメ蚊弁護士ブログ)
 橋下弁護士の会見記事(J-CASTニュース)

|

« France:法務大臣は司法の長か? | トップページ | RSSもスパムに使う »

ニュース」カテゴリの記事

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

投票の部分が読めないのですが、PCの設定がまずいのでしょうか??

投稿: 弁護士五右衛門 | 2007/09/05 23:05

アンケートのところでしばらく考えていたら、勝手に最初の設問に投票されてしまいました。
マウスでポイントしてたのかもしれないのですが、、、
うーん、ヘンなシステムです。

投稿: えーっ | 2007/09/05 23:34

五右衛門先生、えーっさん、
そのあたりのことは是非ニフティの問い合わせないし苦情をお願いします。

投稿: 町村 | 2007/09/06 00:06

もちろんあの弁護士軍団は最低で弁護士の資格なし。醜いだけ。

投稿: うっちー | 2007/09/06 01:20

関係データは読みました。結論は、橋下氏を支持します。

残念ながら、弁護士の社会的評価と人間的信用を、著しく下落させたことは間違いないです。

さらに言わせて頂くならば、アンケートの質問の仕方に公平性を感じられません。
アンケートで一番重要な事は質問の設定であり、設定の仕方によっては、質問者の希望する結論を導く事も可能となります。

公平な設問をされる事をお願いいたします。

このコメントをアップするかどうか、拝見しております。

投稿: あらいぐま | 2007/09/08 01:29

 ある講演会(講師・弁護士五右衛門)で、

イ 「刑事裁判の仕組みと弁護人の役割」について、お話する前に、「某弁護士の発言は正しいと思うか」との問いに対し、約15%程度の人が「正しいと思う」と回答され

ロ 「刑事裁判の仕組みと弁護人の役割」について、お話した後に、再度、問うたところ、「正しいと思う」と回答された方は、約7%程度に減少しましたです。


投稿: 弁護士五右衛門 | 2007/09/08 09:48

こんにちは。橋下弁護士に反対し,弁護団を支持します。
これは弁護士としての意見ではありません。
弁護士的な感覚をできるだけ捨てて,一市民としての素直な感情を総動員し,ただし大衆や雰囲気に流されないように注意した上で,出した結論です。

投稿: つくい | 2007/09/08 10:39

橋下弁護士が正しいと思います!
国民に懲戒請求の仕方を教えてくれたんです。
あんな人の心もないような弁護団必要無いと思う

投稿: 宇野百合子 | 2007/09/08 11:36

あらいぐまさん、参考までに、どの辺が公平でないか教えてもらえるとうれしいです。

投稿: 町村 | 2007/09/08 19:56

はじめまして。リンクからお邪魔しました。

橋下弁護士は「弁護士として」刑事弁護をする立場の弁護士の職務について説明すべきだったと思います。
そのことによって、何も分からずに憤りの感情に振り回されている大衆の気持ちも多少は整理されたはずでした。

これでは大衆にとっても不幸だと思います。

投稿: cat | 2007/09/09 12:19

>町村さま

私のコメントをアップ頂きありがとうございます。

設問で、公平でない点
一、
設問は4つありますね、
1と2は「されるべきでしょうか?」を使い、3と4には「お考えでしょうか?」を使っていますが、これは統一したほうが良いと考えます。(暗示を除外するために)

ニ、
設問文に理由まで限定して書いているのは、回答の自由度を妨げます。

簡略ですが、書かせて頂きました。
趣旨をお汲み取り頂けますなら、幸いです。

投稿: あらいぐま | 2007/09/09 23:46

投稿: ご参考 | 2007/09/10 09:24

あらいぐまさん、
一はご指摘通りで、不注意でした。正直言ってそれほど公平に気を遣うほどのものでもないと思っていました。
二は、懲戒申立てをするにしても、その理由こそが重要だと思ってますので、そこを自由にしてしまうと趣旨が損なわれます。

そういうことです。

投稿: 町村 | 2007/09/10 09:52

橋下弁護士も軽率であり、
弁護内容で懲戒請求を出す行為もどうかと思いますが
しかしながら
「そのような理由で請求する事は違法であり、不法行為を構成する」
として請求する行為を糾弾するのもまた
制度の目的に鑑みて健全でないと考えます。

これには異論のある方もおられると思いますが
請求内容の適否と請求の権利は明確に区別して考えるべきで、
おかしな請求であるから請求してはいけないという事になるのも
どうかと思います。
おかしな請求であれば棄却するか、
仮に何らかの不法行為を構成しているのであれば
法に従って処理すればよいわけですから。
当然のことながら、処理に相応の手間と負担はかかるでしょうが、
それは今回の騒動が大きいから特にそうなったのであり
これは、騒動が起きた事の是非や懲戒請求のシステムに関わる問題であって
これもまた、請求の権利と区別して考えるべきだと思います。

すでに他の方が指摘されてるようにアンケートでは、
「懲戒請求の是非」と、「橋下氏・弁護団の各主張の妥当性」という
二つの問題が混在してるため
答えづらい内容になってるかと思います。

投稿: たれぱんだ | 2007/09/10 14:01

町村さんこんにちわ。今日から広島高裁で集中審理が始まりますね。遺体、死体が、検察の言う事が真実か、元少年が今、話し出した事実が真実か、法医学、科学が証明してくれると思っています。冷静に見守りたいと思っています。
ただ、俺が一番憤っているのは、橋下弁護士の偽善、自己欺瞞、インチキが証明されているからです。ここがそうですね。
橋下弁護士の会見記事から引用『また「懲戒請求を呼びかけていながら、自身が懲戒請求していないのはおかしいのでは」といった指摘もあり、これについは、「時間と労力を省いた。自分でやらなくても、というところはありました」と弁明した。』
橋下弁護士は、元少年弁護団の弁護方針その他の弁護活動しらないのに、言い換えれば事実関係をしらないのに、あえて懲戒請求を呼びかけることは(今もUチューブで放映されている)、単に弁護士倫理法に反するだけでなく、弁護団の弁護士業務に支障を与え与えているという意味で、刑法の業務妨害罪に相当する疑いがあると思います。日本は法治国家ですから。封建時代の敵討ちはご法度なんですから。この庶民感情はわからんではないですが。
つまらん、つまらんことでもないか・・・・法律論はともかく、橋下弁護士の問題点は、庶民感情をTVで煽っておきながら、正義感を気取っておきながら自分は、当の本人は弁護団に対して懲戒請求はしないし、正義感に煽られた庶民=請求人に対して、協力していない。
しかも弁護団が行っている事実関係も知らないで、弁護士会に弁護団の弁護士を懲戒請求することは、誣告、虚偽告訴罪に当たる恐れがあることもアドヴァイスしていない。
以上の点から、橋下弁護士の専門知識人としてのその自己欺瞞、偽善、インチキ性には驚くべきものがあると思います。
あれだけのことを、公共放送で弁護士がいったのですから、自分が率先して、懲戒請求しなければならないのは当たり前なのですから。煽られた視聴者にも協力していないのですから。
橋下弁護士に協力してもらい、大阪弁護士会に懲戒請求されたかたおられれば、知りたいと思っています。

投稿: hideponyamada | 2007/09/18 12:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/16352800

この記事へのトラックバック一覧です: enquete:橋下弁護士と光母子殺人弁護団:

» 被告人を憎ませることでガス抜きをさせてよいのか〜本当の対策を怠らさせるな! [情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)]
 福岡で発生した飲酒運転による兄弟3人死亡事件の公判で、遺族の写真がプロジェクターで法廷に映し出され、検察官が兄弟の母の供述調書を読み上げて涙した。その調書の中で検察官は、母に「絶対に(最高刑の懲役)25年の刑が下されることを確信しています。一年でも短ければ犯人を私が殺します」と言わしめた…光市事件にも通じる「遺族の被告人への感情至上主義」は、結局、本来、取るべき対策を免れるためのものでしかないことが、はっきりしたと思う。  飲酒運転、危険ですよね、私も一度、完全にふらふらしてきた車にはねとばされ... [続きを読む]

受信: 2007/09/06 07:17

» 橋本弁護士についてのブログ [橋本弁護士と法の正義]
あるブログから…橋本弁護士出演のテレビ番組での話。現代の子供たちについて。昨今の若年化する事件について~体の痛みも心の痛みも、経験しないとわからないものだから、本人がその痛みを体験しなければ他の人が体験する痛みも想像できない。現在起きている、残虐な犯罪をゲームのやり過ぎだとかそれを行うとどうなるかと考える想像力が欠如しているからだとか言う人もいるが、つまりは本人が色んな経験を積んでいないから想像することが出来ないんだと思う。匂いも音楽も世の中の色んな事を想像ではなく、まず自分...... [続きを読む]

受信: 2007/09/22 18:29

« France:法務大臣は司法の長か? | トップページ | RSSもスパムに使う »