« theatre:命--特攻隊の青春 | トップページ | LS:TMI葉玉弁護士の見解 »

2007/09/16

bar:奥村徹先生への懲戒申立て、通らず

奥村徹弁護士への懲戒請求は開始されずに終了しました。

懲戒請求をした検察庁は赤っ恥である。

落合ブログのコメント欄によれば、「なんでやねん」というような理由がついた懲戒不相当議決だったようだが、不服申し立てができないところで言いたい放題いうのは、司法のしゃべりすぎ現象と同様で、卑怯というものであろう。

ただ、懲戒申立てを受けたということは、別に学会報告をしない言い訳として適格性を欠くと思うのだが。

|

« theatre:命--特攻隊の青春 | トップページ | LS:TMI葉玉弁護士の見解 »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

 申立人は法廷に出てない方なので、申立の細かいところが事実と違ってましたね。
 綱紀委員会からの申立理由の聴取にも応じなかったし。
 まあ、いろんな人がいるものだと勉強になりました。

投稿: 奥村徹(大阪弁護士会) | 2007/09/16 09:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/16460734

この記事へのトラックバック一覧です: bar:奥村徹先生への懲戒申立て、通らず:

« theatre:命--特攻隊の青春 | トップページ | LS:TMI葉玉弁護士の見解 »