« book:反転 | トップページ | book:新キーワード民法 »

2007/08/05

prof:夏休みに旅先でつい、ムラムラとして・・・

東京に住む筑波大の准教授が、なんと徳島まで行って痴漢で捕まってしまった。

毎日新聞サイトより
調べに対し、「夏休み期間に、講演活動を兼ねて旅行していた。好みの女性だったのでムラムラした」と話しているという。

人ごとながら、つまらないことで転落するのは残念な話である。

|

« book:反転 | トップページ | book:新キーワード民法 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

このブログのタイトル
prof.夏休みに旅先でつい、ムラムラとして・・・
に驚かされました。

いや、ご本人の体験かと(笑)。

内容を確認。
けしからん先生ですね。

投稿: ben_kowa | 2007/08/05 23:56

いや、旅には出たいと思いますが…

あ、北海道にいるんだから旅先のようなものかも。

投稿: 町村 | 2007/08/06 00:03

 徳島って、汽車の本数が少なくて、痴漢やスリが犯行後雑踏に紛れて逃走することができないので、鉄道車両内の痴漢スリは少ないとか聞きました。

 数学だと、スポーツ新聞の見出しもイマイチですね。
筑波大准教授“淫テリ”旅行
http://www.sanspo.com/shakai/top/sha200708/sha2007080601.html
動機は幾何学でも解明できない!?

投稿: 奥村徹(大阪弁護士会) | 2007/08/06 14:30

 スポニチの見出しもレトロですよね。

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2007/08/06/02.html
筑波准教授ムラムラモミモミ痴漢電車
 容疑者は痴漢行為の最中、女性に「南小松島駅で乗り継いでこれから徳島駅に行く」と行き先を告げていた。女性は阿南駅で降りて通報。徳島駅で警戒をしていた警察官が人相や特徴などから容疑者を発見。容疑を認めたため、御用となった。

投稿: 奥村徹(大阪弁護士会) | 2007/08/06 18:41

これって、行き先を告げるくらいだから、本人は痴漢行為だと思ってなかったのでしょうかね。

数学者とは天才に近い人々だと思っていたけど、またこの偏見を裏付ける事例を一つ獲得しました。

投稿: 町村 | 2007/08/06 19:13

> 本人は痴漢行為だと思っていなかった

こういう奴が一番タチが悪いのです!ウゲッ~。

それから痴漢とかセクハラオヤジは見るからに「変態だ」「やりそうな感じ」って人ばかりじゃないですから。
フツーの人、近所の親切なオジサンだったり、担任の先生だったり、お医者さんだったり、弁護士だったり、法学者だったり・・・するんですね。

それにしてもスポーツ紙の見出しは、相変わらずです。
誰が考えるんでしょう?

投稿: ben_kowa | 2007/08/07 18:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/16012952

この記事へのトラックバック一覧です: prof:夏休みに旅先でつい、ムラムラとして・・・:

« book:反転 | トップページ | book:新キーワード民法 »