« news:懲りない体質の東京電力 | トップページ | 泊原発にはPetitテロリストがいる »

2007/08/07

特色ある大学教育GP2007

特色ある大学教育支援プログラムの2007年度採択が発表された。

それによると、大部分が教養課程や語学教育に関するものだが、専門に関する分野もでている。

同志社大学のプログラムは、「学生と教員の幸せな出会いをめざす導入教育-大規模学部における組織的教育改善とその効果の測定-」という名称で、なかなかユニークだ。

選定理由書にある取り組みはこうある。
「入学予定者全員を対象とする入学前教育を行い、これを入学後の導入教育科目である「アカデミック・リテラシー」に接続させ、さらにもうひとつの導入教育科目の「ビジネス・トピックス」を通して、学びとしての社会体験をさせて、学部専門科目に繋げていく取組を行っている。また、導入教育の質を向上させつつ安定的に持続させる工夫として、導入教育に専念する任期付教員の活用と、学部内に設置した基礎科目運営委員会によるOJT型FDを実施し、さらに教育効果の測定により、きめ細かに学生の成長を観察して教育改善を推進しており、その成果は全学的にも注目されている。」

この取り組みの今後の課題は、入学前教育が課題レポート中心になっている点を改善し、キャリア教育との連
携をさらに進めることということである。

ざっとみたところ、法学部教育の改善につながるような取り組みはなさそうだ。

|

« news:懲りない体質の東京電力 | トップページ | 泊原発にはPetitテロリストがいる »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/16035375

この記事へのトラックバック一覧です: 特色ある大学教育GP2007:

« news:懲りない体質の東京電力 | トップページ | 泊原発にはPetitテロリストがいる »