« arret:介護サービスと文書提出義務 | トップページ | bloggerは利害関係を開示すべきか? »

2007/08/28

book:宮部みゆき「楽園」

上巻の途中から、一気に読んでしまった。

ネタバレはいかんと思うと何もかけなくなるが、のっけからシックスセンスの有無が問題となるので、そのことは書いても良いかも。
それはともかく、この作品の主人公が出てくる前の作品「模倣犯」を、読んだと思うのだが、全くストーリーが思い浮かばない。「楽園」の記述からすると、最近実社会で良くあるとさえ感じてしまうような、性的倒錯者の猟奇的連続殺人の物語のようなのだが。

学生さんには、残り少ない夏休みのお供にお勧めである。

この本に触れているこちらのブログも参照。

|

« arret:介護サービスと文書提出義務 | トップページ | bloggerは利害関係を開示すべきか? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/16266438

この記事へのトラックバック一覧です: book:宮部みゆき「楽園」:

« arret:介護サービスと文書提出義務 | トップページ | bloggerは利害関係を開示すべきか? »