« jugement:要素の錯誤が認められた例 | トップページ | Northland:夏、終わる »

2007/08/15

auction:盗品売りさばいてばれる

バカを絵に描いたような犯人だが、被害者の側に焦点を当ていると、それなりに感動的なエピソードになるかもしれない。
毎日新聞サイト:ホルン窃盗:ネットオークション出品で”御用” 滋賀

「同校吹奏楽部の部員が、ネットオークションに盗品と酷似した楽器が出品されているのを発見。顧問教諭が実際に落札して確認し、届いた荷物の送り主欄に記された山田容疑者の名前と住所を警察に通報して“御用”となった。」
送り主欄に本名を書くかな、普通?
大体振込で代金を受け取る場合も、架空口座を買ったりしてやるのではないのか?

「被害に気付いた顧問の男性教諭(32)が「盗まれた楽器はオークションに出されることが多い。調べて」と約100人の部員に提案。女子部員が10日夕、携帯電話のオークションサイトで楽器を発見。顧問教諭が京都市内の女子大生になりすまして3万4800円で落札し、届いた楽器の製造番号で被害品と確認した。」

こちらのエピソードの方が、小説チックというか映画チックというか。スイングガールの一シーンみたいな感じである。
しかしなぜ女子大生になりすましたのだろうか? 女子大生=敵を安心させるレッテルということか?

|

« jugement:要素の錯誤が認められた例 | トップページ | Northland:夏、終わる »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

 犯罪者の脇が甘いことは、なんとなく理解できますね。
 架空口座を入手したり、偽名で受け取れる住所を設定する手間隙をかけるなら、まともな商売した方が得なんです。その手間を惜しむ人が、チンケな犯罪に手を染める。

投稿: Inoue | 2007/08/16 01:27

まあ、そもそも頭悪いから犯罪に手を出すという類だと思いますが。

投稿: 町村 | 2007/08/16 10:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/16128601

この記事へのトラックバック一覧です: auction:盗品売りさばいてばれる:

« jugement:要素の錯誤が認められた例 | トップページ | Northland:夏、終わる »