« UNIV:Web2.0時代の大学は? | トップページ | googleのルール誤執行 »

2007/08/11

arret:不正アクセスと私電磁的記録不正作出

最決平成19年8月8日PDF全文

不正アクセス行為の禁止等に関する法律3条所定の不正アクセス行為を手段として私電磁的記録不正作出の行為が行われた場合であっても,同法8条1号の罪と私電磁的記録不正作出罪とは,犯罪の通常の形態として手段又は結果の関係にあるものとは認められず,牽連犯の関係にはないと解するのが相当であるから,本件につき両者を併合罪の関係にあるものとして処断した原判断は相当である。

奥村先生が解説を書いてくれるかもしれない。

|

« UNIV:Web2.0時代の大学は? | トップページ | googleのルール誤執行 »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

 罪数処理って、いろいろ理屈をつけてみても、結局、判例頼みですね。
 あんまりメリットないし。

投稿: 奥村徹(大阪弁護士会) | 2007/08/11 19:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/16074523

この記事へのトラックバック一覧です: arret:不正アクセスと私電磁的記録不正作出:

« UNIV:Web2.0時代の大学は? | トップページ | googleのルール誤執行 »