« supreme court:裁判迅速化に関する報告書 | トップページ | Book:情報セキュリティの法律 »

2007/07/16

internationalカツアゲのうま味

子供の頃、友人が花園神社でカツアゲに遭ったことがある。
その友人は二度と花園神社に近づかなくなったので、それ以上の被害には遭わなかった。

しかし、恐喝で味をしめた者は、一度だけで満足することはない。被害者に連絡がつけられる以上、金づるをつかんだとばかり、何度でも強請にやってくるものである。

そして一度強請に成功したものが次にやってくるときは、賭け金が高くなっているのもよくある。チキンゲームにはまりこんでいるわけだ。

目下我々は、別のカモからさんざん金を引き出した経験を持つ恐喝者が、その標的を別に金持ちに切り替えて、二度目の恐喝に成功しつつあるのを目の当たりにしているわけだが、だからといってどうすればよいのか、答えは見つからない。

|

« supreme court:裁判迅速化に関する報告書 | トップページ | Book:情報セキュリティの法律 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

最近は,恐喝が出来ない子が増えて,(語弊はあるが)それはそれで困ったことだ。何かが減れば,別の何かが増える。

投稿: kissless | 2007/07/17 08:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/15770882

この記事へのトラックバック一覧です: internationalカツアゲのうま味:

« supreme court:裁判迅速化に関する報告書 | トップページ | Book:情報セキュリティの法律 »