« OHT株式事件の闇 | トップページ | event:inlawDJ研究会 »

2007/07/23

fraud:ニセ学位の調査

nifty:ニセ学位の実態を文科省が調査

いわゆるディグリーミルの蔓延が日本の大学にもあるのかどうか、調べるという。文科省のウェブの中には「ディプロマ(ディグリー)・ミル」問題についてという資料ページも見られる。
もっともこのページの属する国際的な大学の質保証に関する調査研究協力者会議というのはとうに終わっているので、今回の動きとは直接は関係しないようだ。

この4月の「聖心女子大教授がDM博士号 調査委設置 早大元教授も」という事件の流れがようやく調査になったのかもしれない。

真っ先に思い浮かぶのが、イオンド「大学」であろう。
この件については山口貴士弁護士のイオンド大学の学位商法や、紀藤弁護士のブログなどで詳しく、紀藤弁護士は学位商法の典型例としてイオンド大学をあげている。

このほか、グーグルに広告を載せているオンライン学位取得代行センターなるところもある。

グーグル八分にも関係してくる問題だが、グーグルではDM学位でまとまって出てくる。

|

« OHT株式事件の闇 | トップページ | event:inlawDJ研究会 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

イオンド大学
グロービートジャパン
ラーメン花月
平和神軍

と繋がっていて、名誉毀損事件・刑事裁判が進行中であります。

http://es.geocities.com/dempauyo/

これもずいぶん長いつき合いですが、ようやくニセ学位問題が普通の記事になるというのは時代の変化を感じます。

投稿: 酔うぞ | 2007/07/23 12:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/15852944

この記事へのトラックバック一覧です: fraud:ニセ学位の調査:

» 文科省がDM学位に関して注意喚起 (再アップ) [きむきむのぷーある日記]
以前「きむきむのうーろん日記」で書いた日記の中から、 「これは」というものをたまに再アップする企画の第2弾です。 今回は、2007年2月18日にアップした、 「文科省がDM学位に関して注意喚起」です。 ... [続きを読む]

受信: 2007/07/25 22:14

« OHT株式事件の闇 | トップページ | event:inlawDJ研究会 »