« univ:授業開かず単位認定と言うことだが | トップページ | e-learningツールの活用 »

2007/04/10

univ:学生が自殺で准教授が懲戒免職

Asahi.com:学生自殺で高崎経済大准教授、懲戒免職

この記事からは詳しいことは分からないし、無くなった方やそのご遺族には誠にお気の毒だが、日経新聞(紙版)にはもう少し詳しい記事があった。

それによると、問題の授業は2年生の基礎演習で、3人しかいないゼミだった。
出された課題は、「社説の要約や経済学の演習問題計5題」であり、准教授は女子学生に対して「提出が遅れれば留年させる」とメールで通告したという。
そして問題の提出期限に、女子学生は全てを提出することができず、准教授にメールで「留年することは分かっています。人生もやめます」と伝え、 その直後に渡良瀬川で入水自殺した。

なお、朝日新聞サイトでは、「自殺をほのめかす内容のメールを送った後も、しばらく学生を捜さなかった」ことも指摘されている。

すべては個別具体的な事情によるし、学生個人個人の個性にもよる。ショックを与えるような言動は、それが学生の発奮を促すかどうか、よく見極めないといけないということなのであろう。しかしそれにしても、科目担当者のレベルでどこまでできるかというと、限界があるだろう。

|

« univ:授業開かず単位認定と言うことだが | トップページ | e-learningツールの活用 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

 セミナーの最中に、叱責された大学院生がゼミ室の窓から飛び降り、死亡しましたが、誰も一切処分されず、講座を主宰する教授も従前のとおり勤務を続けた事例があります。
 あのケースは、学生の個別的事情と解釈され、こちらのケースは教員の指導に問題ありと解釈されている。

 なんだか釈然としないものを感じます。どちらも教員の指導が自殺の引き金になったことは間違いないんですが。

投稿: Inoue | 2007/04/11 07:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/14631720

この記事へのトラックバック一覧です: univ:学生が自殺で准教授が懲戒免職:

» 高崎経済大で宿題できずに学生自殺 [ナゴヤ人伝説。税理士バッキーの日記帳]
群馬県の高崎経済大で、宿題をめぐる強圧的指導?で学生が自殺したとして、男性准教授 [続きを読む]

受信: 2007/04/10 17:18

» 准教授 [いま人気のコトバとは?]
准教授 プロフィール検索 動画検索 画像検索 [続きを読む]

受信: 2007/04/12 20:56

« univ:授業開かず単位認定と言うことだが | トップページ | e-learningツールの活用 »