« ANAの不思議なサービス | トップページ | US:上院議員スタッフにインタビュー »

2007/03/05

WashingtonDCでネット難民

International Visitor Leadership Programにより、ワシントンDCに来ている。
ところがホテルの部屋からつなげるはずのHigh Speed Internet Accessがつながらない。

仕方ないので、スタバでモバイルである。

3日に到着し、3,4日はフリーなのでスミソニアンやアーリントンを彷徨いている。
Justice
Jurist
写真は、ナショナルギャラリーにある正義justiceと題する女神像と法律家juristと題する胸像だ。

|

« ANAの不思議なサービス | トップページ | US:上院議員スタッフにインタビュー »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

 私はワシントンDCの某ホテルで、やむなくダイアルアップ56.6Kbpsでネットにつなぎました。メールは違和感がなかったですが、サイトへのアクセスはイライラしました。念のためモジュラージャック用ケーブルを持参したので助かりました。
 どうもホテル内無線LANのハードウエア障害が発生していたようで、ネッ◎ス◎ン◎ーでチェックしたところ、ホテル側のAP自体が死んでいました(泣。

投稿: ハスカップ | 2007/03/05 07:32

今、その懐かしの56kダイヤルアップです。
モジュラージャックなどあるはずもなく、電話機の線を付け替えただけです。
フランスではそれも出来ない電話機だったので、一晩で宿を換えたこともありました。

投稿: 町村 | 2007/03/05 19:50

>今、その懐かしの56kダイヤルアップです。
>モジュラージャックなどあるはずもなく、電話機の線を付け替えただけです。

 お疲れ様です。m(_ _;)m
 その手の古典的イクイップメントはDCのスパイ博物館に陳列されていた記憶です。ワイヤータッピングの各種ツールが(ゴホッゴホッ

投稿: ハスカップ | 2007/03/05 23:47

ネット難民解消しました。
なんとも力が抜けるんですが、テレビの裏にハブがあって、そのハブの電源が入ってなかった・・・。

投稿: 町村 | 2007/03/06 14:54

 故障は先ず電源周りを疑え!ってホントだったんですね。m(_ _)m
 ラジオが聞こえないときは電池を見よ(大正時代)。
 TVが映らないときはコンセントを入れよ(昭和時代)。
 料金滞納で止められたか?と思ったらブレーカーを上げよ(平成時代)。

投稿: ハスカップ | 2007/03/06 20:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/14138551

この記事へのトラックバック一覧です: WashingtonDCでネット難民:

« ANAの不思議なサービス | トップページ | US:上院議員スタッフにインタビュー »