« LS認証評価シンポジウム | トップページ | HPとDNPの詫び状 »

2007/03/27

JALのママさんCA差別

日航の勤務減らし認定=ママさん客室乗務員に1500万円−深夜業免除申請・地裁

この短い記事では事情がよく飲み込めないが、ある組合に所属している子供のいる客室乗務員が、深夜業務の免除を申請したところ、月1、2回の搭乗勤務機会しか与えられなくなったということだ。
同一条件の他の組合員は月5日から13日の搭乗勤務機会があるという。

少子化対策もあって、子育てしながら働ける環境を整えようとしている最中に、元(?)ナショナル・フラッグのやることとは思えないという感想が最初に浮かんだ。
しかし組合間の待遇の違いもあるのだとすると、これは「沈まぬ太陽」未だ残るの類だろうか?

1、2回というのと5日から13日というのとを比較しているところが気持ち悪いところだが。

|

« LS認証評価シンポジウム | トップページ | HPとDNPの詫び状 »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/14422575

この記事へのトラックバック一覧です: JALのママさんCA差別:

» 深夜業務免除申請労働者に乗務外しは違法 JALに賃金支払命じる [ろーやーずくらぶ]
 育児・介護休業法に基づく深夜業務免除を申請した客室乗務員4名について、乗務しない日を無給日とした上で、「深夜帯にかからない乗務パターンはない」として、月に1-2日しか乗務させなかったのは違法であるとして、東京地裁(土田昭彦裁判官)は、賃金として、約1...... [続きを読む]

受信: 2007/03/29 12:48

« LS認証評価シンポジウム | トップページ | HPとDNPの詫び状 »