« 研究室から見た恵方 | トップページ | litigation:オリコン訴訟関連:名誉毀損被告の気持ち »

2007/02/03

LITIGATION:裁判の効用(いわゆる波及効)

石原都知事は、交際費の不当な支出について裁判で返還を命じられたことから、知事の部屋(東京都の公式ホームページ)で交際費の使途も接待相手の名前も公開することにしたようだ。(→読売オンライン記事

民事訴訟の判決には、直接の制度的効力として既判力や執行力があるが、判決が事実上の影響力を当事者や社会一般に対してもつことを、波及効といったりする。
この波及効は、判決に限らず、和解でも、あるいは訴訟提起それ自体についても生じうる幅広いものだが、もちろん良い方向だけでなく、悪い方向に作用することもあり得る。

今回の石原都知事の決断は、珍しく、良い方向での作用である。行政の透明性を高めることで、不正の余地を減じていくことは、当の行政庁にとっても良いことであろう。

都合の悪いことはすぐ隠そうとする皆さん、隠さなくてもいいかと開き直ると、人生楽になりますよ。もちろん守秘義務がある場合は別だけど。

|

« 研究室から見た恵方 | トップページ | litigation:オリコン訴訟関連:名誉毀損被告の気持ち »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/13769843

この記事へのトラックバック一覧です: LITIGATION:裁判の効用(いわゆる波及効):

« 研究室から見た恵方 | トップページ | litigation:オリコン訴訟関連:名誉毀損被告の気持ち »