« 守大助さんのmessage | トップページ | jugement:著作権不存在確認の利益が認められた事例 »

2007/01/31

守大助さんのmessage2

さらにもう一通、支援者の方から送られてきた。(支援者のページも参照)

ちなみに、彼の獄中からの叫びを本にまとめたものが、『僕はやってない!』だ。再度いうが、それボクを見て感じるところのあった人たちは、この本を読んでほしい。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
警察・検察について

 私は警察官という仕事は、父親を見て育ってきましたので、先ずデタラメな仕事はしていないと思っていました。当時の私は、前回の「自白」でも説明しましたが。

「やってないことを言わされているのですから」警察はそのことについて調べると思ったのです。だからそれが「自白」だとも思いも・考えもしませんでした。(「自白」になるとも)現実に私が筋弛緩剤を混入したという事実がない。11歳女児が重症になったのは、挿管ミスであるというのを、私は自分の目で見ているんです。いくら説明しようとしても全く聞こうとしなかった。

 これは初めから、警察は調べることなく半田夫妻の「点滴=急変」、「守=犯人」という考えのままです。差別です!身分差別!「東北大医学部Profが言うのだから間違いない」という考えです。私の担当したS刑事、A刑事が全く「挿管ミス」について聞こうとしなかったのは、そこに問題があったと思います。(准看護師の話より東北大学Profの方が信用できるとしたこと)

 皆さんは警察が間違うはずないと思いますね。私も当時は「調べてくれる」、「何を言っている」という思いが強かったが、あのように取り調べてそのままにしてしまう。(調べもしないまま)

 私は方法についてだって知りません。やってないのだからこれは当然です!S刑事から誘導され方法を教えられたんです。点滴へとですよ。

私はこの事件とされている「点滴」での使用方法なんて見たことも、聞いたこともなかったです。「注射」でしか分かりませんでした。(これこそ調べれば本当に作用するのか分かると!)

 全くデタラメなのは2名の刑事の法廷証言です!
「点滴へ混入したと言ったのは被告です」「私から誘導もしていません」
と証言しました。
冗談じゃないです。私は証言を聴いていて頭にきました。「お前が私に調べで言っていることと違うじゃないか。誘導したから点滴になって納得したんだろ」と声を出したかったです。

 ましてこの2人は「点滴での方法は事前に知ってない」なんて言うのです。半田夫妻が点滴方法をS刑事にも伝えているんです。まして医学・薬品の本にも点滴方法は出ていません。半田が自分で考えたということ明らかになっているんです。S,Aの2名が知らないと言うのは全く嘘。法廷で堂々と証言する。これが本当に警察官なのかと!怒りだらけです。

 点滴の方法では作用しないと捜査側が知ったのは、逮捕した後のことです。都合が悪くなって方法を知らない、被告に騙されたとまで言うのです。ふざけてますよ。なんでもやってきます。

 もっとひどいのは検察官で「ありえない」という東京大学助教授のシュミレーションを高裁まで隠し持っていた。弁護団によってシュミレーションやっていたこと指摘されて、やっと出した。(高裁はこのシュミレーションについて無視です。別テーマで伝えます。)「ありえない」ばかりでなく「鑑定方法もおかしい」と書かれていました。作成日はH13・2月と3月です!逮捕後1ヶ月たってからやってます。(作成日が本当か疑問)

 それでも事件にしなければいけなかったのはなぜか!警・検察は逮捕してしまえばもう戻れないシステムになっているのです。私は否認後の3月・4月には警・検からこう言われました。
「逮捕したが起訴したのは検事だ、我々は関係ない」(警)
「裁判で無罪になっても、それは公判の検事であり、私は起訴しただけで関係ない」(検事)
と責任逃れの発言していました。こういうことが(証拠)山ほどあると思います。

 皆さんは証拠というのが、すべて開示されていると思いますが全くのデタラメです。開示しません。犯行で使用されたという、薬品の空アンプルもあるあるというだけで出してません。1つも出してない!指紋検出したというが、それが誰のかは不明です。私のでないから明らかにできないのです。警察は「自白」というものだけほしかったのでしょう。

 私がやってないと、頭の中が整理され否認した。そしたら刑事は「点滴」方法は騙されたと言う。こんなことが、権力側は知っていてやっている。警察が調べれば分かると思ったことは、今の捜査側にはちっともありません。

 こんなデタラメをしていることを知って下さい。
 今後も警察・検察について書いていきます。

 守 大助。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
※以上は2007/1/9付けのお手紙で、本人から社会へ無実をアピールするために預かった文章です。
刑事の実名は仮名に変えました。

(町村)文中のダブルコーテーションマークは機種依存で文字化けするので、「」に代えました。

|

« 守大助さんのmessage | トップページ | jugement:著作権不存在確認の利益が認められた事例 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

いつもありがとうございます。
3/19都内支援集会のご案内をさせていただきます。

~~~(以下、転送、転載、大歓迎です)~~~

■□■ 仙台・北陵クリニック冤罪事件 
守大助さんを支援する首都圏の集い ■□■

2001年1月、仙台の「北陵クリニック」の准看護師だった
守大助さんが、患者5人の点滴に筋弛緩剤を混入したとして
逮捕され、1人殺人、4人殺人未遂の容疑で起訴されました。
守大助さんは拘置所から一貫して無実を訴え続けていますが、
一審、二審ともに無期懲役の不当判決がなされ、
現在最高裁にかかっています。
本事件を冤罪と確信し、守大助さんを助けたいという
首都圏の有志が集まり、このほど
「無実の守大助さんを支援する首都圏の会」を立ち上げました。
「首都圏の会」は企画第一弾として、守大助さんのご両親をお招きし、
以下の要領で支援集会を開催することにしました。
関心のある方はどなたでも是非お気軽にご参加ください。
終了後、懇親会等も予定しています。

◇日時:3月19日(月)18:30~(終了20:30予定)
◇場所:南部労政会館 第三会議室
(JR山手線・大崎駅下車徒歩3分)
http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/sosiki/roseikaikan/nanbu.html
南改札口→連絡デッキ→(連絡デッキ突き当たり)→専用エレベーター(3Fから1F)
→労政会館入口(1F)→労政会館(2F)
◇参加費:無料
◇事前申込み:不要
◇主催:無実の守大助さんを支援する首都圏の会
◇連絡先:daisuke_shien@mbr.nifty.com
電話・FAXでのお問い合わせは日本国民救援会神奈川県本部(下記)へ
Tel:045-663-7952 Fax:045-663-7953

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


投稿: shige(藤沢) | 2007/03/02 22:45

「無実の守大助さんを支援する首都圏の会」のHPが出来ましたのでご案内致します。

http://homepage2.nifty.com/daisuke_support/

大助さんの連続メッセージも掲載してあります。
一番読んでいただきたい事件詳細部分が、調整中のため未公開になっていますが、3/19前後に公開予定です。
その頃にもまたぜひのぞいて見てください。

本事件(事件ではない!)は120%間違いなく冤罪です。
警察の思い込みとずさんな捜査によって作り上げられたでっち上げ事件です。

高裁の控訴棄却から1年が経ち、いつ判決が出てもおかしくない状況です。
前途ある無実の青年に「無期懲役」などを確定させないよう、
どうか皆様のご協力をよろしくお願い致します。

投稿: shige(藤沢) | 2007/03/14 02:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/13729492

この記事へのトラックバック一覧です: 守大助さんのmessage2:

« 守大助さんのmessage | トップページ | jugement:著作権不存在確認の利益が認められた事例 »