« Cour d’Assise フランスの裁判員裁判 | トップページ | France犯罪統計の政治利用 »

2007/01/10

Cour d’Assise フランスの裁判員裁判(続き)

フランスの証人尋問は、民事ではほとんど行われず、刑事で行われているに過ぎない。方法は交互尋問と全く異なり、証人がまず言いたいことをいい、それから裁判官等が補充尋問をする。

 心理鑑定人の場合は証言のプロであり、何を言うべきかははっきりしている。従って特に促されることもなく自ら話し始めて、必要なことをほとんど自ら語る。補充尋問は、裁判官が少ししただけである。
 情状証人の場合はそうはいかない。母は「言いたいことを言いなさい、あなたの言うことを聞きます」と言われても何を言ったらいいか分からず、弁護人の促しで、ようやく被告人が気だての優しい子で、父親が暴力的だったせいでまっすぐ育たなかったということを、涙ながらに語った。
 弟は、すらすらと兄の頼りになるところを語った。
 裁判長が補充尋問をした後、付帯私訴原告の代理人、検事(Avocat general)、そして弁護人の順で補充尋問を促していたが、検事が何問か質問をし、弁護人も少し質問をしたが、付帯私訴原告は全く質問がなかった。
 この事件は多数の強盗事件であり、その被害者が多数付帯私訴原告となっていた。しかし代理人は一人であった。

 法廷は、パリのPalais de justiceであり、古い建物なのだが、重罪院の第三部の法廷だけは、近代的な部屋となっていた。バラックのような雰囲気もあったが、従来の構造とはかなり異なる傍聴席が二階建ての部屋であった。
Courdassise

|

« Cour d’Assise フランスの裁判員裁判 | トップページ | France犯罪統計の政治利用 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

公職の場合は、女性がpresident(e)でも、冠詞はleでいいと思います。

投稿: okumura | 2007/01/10 19:06

 私が見たときは、殺人の現行犯逮捕の事件でしたが、予審に1年8か月が費やされ、動機(計画性のような感じ)以外は争点整理が予審で終わっているようでした。捜査段階の身柄拘束が1年8か月と聞いて、自由・平等・博愛の国かと思った次第で。母親が「虫を殺すくらいなら自分がローヌ川に飛び込むような優しい子でした。彼に同居中の婚約者を殺す動機があるわけがない。婚約者が生命保険会社と契約した直後に死んだのは偶然です。」と叫んでいたのが印象的でした。

投稿: ハスカップ | 2007/01/11 02:01

okumuraさん、ご指摘有り難うございます。
フランスの先生がしばしばネタにして笑うので、フランス人も違和感があるようです。

投稿: 町村 | 2007/01/11 07:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/13420095

この記事へのトラックバック一覧です: Cour d’Assise フランスの裁判員裁判(続き):

« Cour d’Assise フランスの裁判員裁判 | トップページ | France犯罪統計の政治利用 »