« trial:貨幣損傷で有罪 | トップページ | blogに受刑者ルポ »

2007/01/24

asahi:最高裁に常識を

朝日新聞1/24朝刊に、滝井繁男・元最高裁判事の特集記事が載っている。
それによれば、確かに最高裁は、立法行政に対する従来の及び腰姿勢から抜け出そうとする変化が現れてきていて、その原動力は一人一人の判事の考え方や努力によるものだと言うことが伝わってくる。
もっとも、その滝井元判事の姿勢をもってしても、できないものはできないということか。

「それでもボクはやってない」の話も出てくるが、自白の取扱いは滝井元判事でもやはり悩むし、自白調書の信用性を認めた下級審判断を覆すのは、制度的な面もあるが、難しいとされている。

|

« trial:貨幣損傷で有罪 | トップページ | blogに受刑者ルポ »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/13641546

この記事へのトラックバック一覧です: asahi:最高裁に常識を:

« trial:貨幣損傷で有罪 | トップページ | blogに受刑者ルポ »