« news:証明妨害 | トップページ | jugement:埼玉県議会の自民党議員団会議発言と名誉毀損 »

2006/12/13

jugement:winny開発者に有罪判決

京都地判平成18年12月13日
ウィニー開発者に罰金150万円=著作権侵害ほう助−無罪主張退ける・京都地裁

朝日:ウィニー開発者に罰金150万円の有罪判決 京都地裁

記事より抜粋
----
氷室真裁判長は同被告がウィニーについて「著作権を侵害する態様で広く利用されていることを十分認識していた」と指摘。被告側の無罪主張を退け、罰金150万円を言い渡した。
(中略)
氷室裁判長は、同被告が「情報はただで当たり前」とインターネット掲示板に書き込みしていたことや、ウィニー上でやりとりされるファイルの9割近くが著作権者の許可を受けていないものと認めた。
 その上で「被告が開発、公開したソフトが著作権法違反を容易にならしめた」と認定した。
----
なかなかコメントしづらいのだが、このような判決が先例となっては禍根を残す。
技術開発が萎縮するし、どのような機能と使われ方をするかを開発者側でコントロールしなければならないとなれば、オープンソースのプロジェクトなど危なくてやってられないと言うことにもなる。

|

« news:証明妨害 | トップページ | jugement:埼玉県議会の自民党議員団会議発言と名誉毀損 »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

京都府警もそうですけど、京都地方裁判所にも失望しましたね。
まともな裁判官って、たぶんいないんでしょうかねぇ。

技術開発への弊害もそうですが、無理矢理拡大解釈を行った幇助を認めるって言う判決自体にもかなり疑問を感じます。

投稿: みさき | 2006/12/13 16:00

 法技術的に、有罪とすることが困難であることは認めますが、この判例の影響で「技術開発が萎縮する」とか「オープンソース型開発ができなくなる」ってことはないと思いますよ。Thunderbirdを使って脅迫状を送ったり、Linux上で著作物のコピーができるとしても、他の使い道がいくらでもある中の悪用例の一つでしかない。
 報道で引用されている判決文も指摘しているように、Winnyは、「正当な使用などほとんどなく、違法なコピーの温床を作り出した」だけのソフトです。そうなることは頒布前にすでにわかっていたはずだし、しかも頒布した人を特定しにくくするための匿名化機能までついていた。これが違法コピー専用ソフトでなかったら何なんですか?
 単なるP2P型ファイル転送ソフトで、頒布した人を特定しやすい仕様であったなら、裁判所の判断も違っていたでしょう。匿名化機能がなくてもファイル転送の効率は落ちない。

投稿: Inoue | 2006/12/13 17:23

判決で、著作権法違反蔓延意図が否定されて、Winnyが違法コピー専用ソフトである主張が否定されて、技術の有用性が認められたにも関わらず、罰金刑という有罪判決となったことは残念です。

支援してくださった皆様にご報告するとともに、力不足をお詫び申し上げる次第です。

事件は、即日控訴しました。高裁で無罪を勝ち取りたいと思いますので、今後ともご支援よろしくお願いします。

投稿: Toshimitsu Dan | 2006/12/13 18:55

尊敬する弁護士小倉秀夫先生は
>Winny事件地裁判決
>Winny事件の、マスコミ向けの判決骨子を入手しました。
>とりあえず読み終えた感想としては、弁護団は金子さんが篤実な技術者である
>ことの立証には成功したけれども、その分、篤実な技術者であっても幇助者と
>して処罰可能な判断枠組みを裁判所に採用させてしまったなあというところです。
http://benli.cocolog-nifty.com/benli/2006/12/winny_72a9.html
とおっしゃってます。

2chの匿名の卑怯者の投稿では
>検察庁が量刑不当で控訴したら、大阪高裁で「原判決を破棄する。被告人を
>懲役6月に処する。」という実刑判決もありえるお。
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1165991719/287
>裁判で金子が自分が著作物ダウソしてるのばれちゃいました。
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1165991719/288
とのことです。

投稿: 情報提供 | 2006/12/13 20:09

>著作権法違反蔓延意図
被告弁護人だった壇先生の前でなんですが、この点に関しては
個人的には本件の被告は真っ黒だと思っています(あくまで私感です)。

また
>この判例の影響で「技術開発が萎縮する」とか「オープンソース型開発ができなくなる」ってことはないと思いますよ。
というinoueさんの意見に私も同意いたします。

法的な諸々に関しては
>このような判決が先例となっては禍根を残す。
という町村先生の見解に概ね同意です。

京都府警や検察は色々と無理を通そうとし過ぎたなぁ、と思います。
多分、控訴審(最高裁まで行きますかね?)では無罪判決が出ると思っていますが
どうにもモヤっと割り切れない部分がしこりとして私の中に残る事でしょう・・・。

投稿: 失礼します | 2006/12/13 22:57

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20061214k0000m040001000c.html
>◆供述の任意、信用性

> 捜査機関による威迫や偽計などはないと認められ、金子被告が弁護士に送ったメールでも、あくまで自主的に誓約書を書いたと認めており、捜査段階では複数の弁護士による接見がなされており、手続き的な助言等もされていると考えられることなどから、供述には任意性が認められる。
> 供述は、インターネットが普及してコンテンツ提供者側に無断でソフトのコピーがなされている現状では、利用者が提供者に代金を支払う既存のビジネスモデルは矛盾をはらんでいると考えていたこと、(匿名性が特長のファイル交換ソフトの)Freenetの存在を知ってビジネスモデルが変わる契機となるのではないかと考えたこと、匿名性と効率性を兼ね備えたファイル交換ソフトを作り、新しいビジネスモデルにつながればいいと思ったことという点では一貫し、自己のホームページで述べた内容と概ね一致している。

 任意の捜査段階で、被告人はメールで弁護人に誓約書の任意作成を自白していたのね。
 この点は被告人弁護人側から一切公表されてなかった・・・・。

投稿: 情報提供 | 2006/12/14 01:44

>情報提供者さん
実際に作られたのは「上申書」です。誓約書ではないです。

金子氏が、この時点でも自分が作ったのは「誓約書」だと思っていたのが、任意性におけるポイントです。

念のため

投稿: Toshimitsu Dan | 2006/12/14 02:50

でも、アメリカではナップスターとかのソフトを開発した人は全く犯罪に問われていないのです。
で、今ナップスターは、問題点が改善されて世界各地で適法なサービスとして運営されていますよっと(もちろん中身は色々変わったりましたが)。
ま、これがアメリカの強さだと思わんでもないです。

ビデオでもパソコンでも何でも、新技術が登場した場合、最初はアングラなサービスのために使われてきて、広く普及するうちに次第に問題点が改善されていくというのが定番な気がするんですけどねぇ。
最初の段階で、開発者が違法ですよってするのはどうなのかなと思わざるをえないです。

投稿: 通りすがり、でもないや。 | 2006/12/14 03:27

 現在の法律の解釈で処罰しようとするから非常に困難が生じるんで、著作権法がコピープロテクション解除ツールの販売を禁じているように、匿名P2Pのみを禁ずるような法を作って、明確に禁じるべきだったと思います。

投稿: Inoue | 2006/12/14 03:59

匿名機能を持つファイル交換ソフトを2chのダウンロード板において
発表することがいかなる意味をもつのか、容易に想像がつくと思います。
匿名の庇護の下、著作権を屁とも思わない集団にそのようなツールを提供しているわけですから。

開発、そして特に開発後の一連の行為を含めて考えると、
著作権侵害の幇助という判断もやむを得ないと思います。

法が技術を追うという状況は今も変わりません。
新しい技術を法が事前に規制するのは、事実上困難です。
だからこそ、技術者はその技術を世の中に発表する際は、
その技術が世の中に与える影響について、
もっと思慮深くなければならないと思います。

投稿: programmer | 2006/12/14 07:50

>programmerさん

実際の開発スレッドは貴方がおっしゃるようなところではなかったですよ。

あまり、当事者の私が口を出すのは問題ありなので、この程度にしますが。

投稿: Toshimitsu Dan | 2006/12/14 11:53

著作権云々という問題とは別として、「幇助」と言う曖昧な要件で逮捕を乱発できるような状態を認めたらいけないと思います。少しでも日本のおかしな警察・司法のあり方が是正されるよう、壇弁護士を応援しています。

投稿: 通りすがり | 2006/12/14 13:14

>「幇助」と言う曖昧な要件で逮捕を乱発できるような状態
>を認めたらいけないと思います。
かつて,刑法総論の勉強をしていたときに,教唆とか幇助とかは開かれた構成要件だから,たとえば未遂の教唆とかはさらに曖昧になる,ということでこういうのは一切認めないという考え方がありました。

こういう理論刑法が実務と乖離していると批判するのは簡単ですが,実務にあまりに日和ってしまうことは,「理論」というフェイルセーフ機能を放棄する危険もあると感じます。

最終的には法益保護と自由保障の調和という落としどころに行くとしても,自由保障側が青臭いと言われようとも声を挙げ続けてこそ調和が可能ですね。

投稿: h | 2006/12/14 19:29

ここでも議論されるようです

◆ 第3回デジタル・フォレンジック・コミュニティ2006 in TOKYO 2006年12月18日(月)~19日(火)
http://www.digitalforensic.jp/2006ws.html

投稿: 通行人 | 2006/12/14 21:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/13054879

この記事へのトラックバック一覧です: jugement:winny開発者に有罪判決:

» Winny事件地裁判決 [benli]
 Winny事件の、マスコミ向けの判決骨子を入手しました。  とりあえず読み終え [続きを読む]

受信: 2006/12/13 15:04

» ウィニー開発者刑事裁判有罪で2ちゃんねらが癇癪を起こす [(‡ー・_=)y−くたばれ2ちゃんねる]
 著作権侵害蔓延に手を貸すと知りながら開発されたウィニー。ソフトの脆弱性から情報漏洩等でも社会問題にもなっていたのだが。 [続きを読む]

受信: 2006/12/19 13:10

« news:証明妨害 | トップページ | jugement:埼玉県議会の自民党議員団会議発言と名誉毀損 »