« arret:破産管財人の担保保存義務違反による利得が悪意によるものでないとされた事例 | トップページ | arret:まねきTV差止仮処分却下の抗告審決定 »

2006/12/22

ITMedia/BizID連載スタート

情報ネットワーク法学会の会員により、ITMediaのBiz IDに法律ものの「ビジネスシーンで気になる法律問題」と題する連載をすることとなった。

第1回は、私が「メールの証拠能力と裁判」について書いている。

詳しくは上記リンクを読んでいただきたいが、要するに偽メール事件をきっかけに、メールが信じられやすい現状から裁判の場でのフォレンジックの可能性までを解説したものである。

また編集部は、読者の質問に答えるという野望も抱いている。どこまで可能か、それはまだ分からない。
今流行りの回答は「そうだ、法テラスに電話してみよう」だったりして。

|

« arret:破産管財人の担保保存義務違反による利得が悪意によるものでないとされた事例 | トップページ | arret:まねきTV差止仮処分却下の抗告審決定 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/13161095

この記事へのトラックバック一覧です: ITMedia/BizID連載スタート:

« arret:破産管財人の担保保存義務違反による利得が悪意によるものでないとされた事例 | トップページ | arret:まねきTV差止仮処分却下の抗告審決定 »