« ITMedia/BizID連載スタート | トップページ | edu:ノーベル賞受賞者は塾が嫌い »

2006/12/23

arret:まねきTV差止仮処分却下の抗告審決定

知財高決平成18年12月22日
テレビ朝日抗告分(PDF全文)
TBS抗告分(PDF全文)ほか略

極めて常識的な判断である。

なお、民訴的には、仮処分の即時抗告審において、著作隣接権を被保全権利とする従来の請求に著作権を被保全権利とする請求を選択的に併合する申立てがなされ、これが請求の基礎の同一性を欠くものとして、訴えの追加的変更は許されないと判断されている部分に興味が引かれる。

|

« ITMedia/BizID連載スタート | トップページ | edu:ノーベル賞受賞者は塾が嫌い »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

>極めて常識的な判断である。

結論には賛同するものですが、
なぜ録画ネットは違法という判断がでて、まねきTVはよいという判断がでるのかがまったくわからないんですよね。

どなたかわかるように解説してくださる先生はいないものですかね。

投稿: ゆーき | 2006/12/24 04:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/13171012

この記事へのトラックバック一覧です: arret:まねきTV差止仮処分却下の抗告審決定:

« ITMedia/BizID連載スタート | トップページ | edu:ノーベル賞受賞者は塾が嫌い »