« online詐欺の実態調査byシマンテック | トップページ | Bankruptcy:夕張市「石炭の歴史村」が自己破産を申請 »

2006/11/30

arret:ひよ子の登録商標無効

日経でも「立体商標」認めずと報道されていた事例である。
知財高判平成18年11月29日(PDF全文)

この判決書PDFには、ちゃんと写真がカラーで載っている。
Hiyoko
Nagoyakochin
係争商品の立体商標画像であり、それが無効であることの理由になった他の類似商品にもいくつか写真がでていた。ここに引用したのは「名古屋コーチン」というひよ子類似のお菓子である。

このように立体物については写真が判決書きでも必要になってくると、動画著作物について著作権侵害を判断する事件のような場合は、当該動画の類似部分を動画ファイルとして判決書きに貼り付けると言うことも、将来的には考えられそうである。
そうなると、判決書きはデジタル情報にならざるを得ない。

|

« online詐欺の実態調査byシマンテック | トップページ | Bankruptcy:夕張市「石炭の歴史村」が自己破産を申請 »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/12876549

この記事へのトラックバック一覧です: arret:ひよ子の登録商標無効:

« online詐欺の実態調査byシマンテック | トップページ | Bankruptcy:夕張市「石炭の歴史村」が自己破産を申請 »