« book:フォレンジック入門 | トップページ | election:福島県知事選民主党の勝利 »

2006/11/13

action:灰色金利返還請求一斉提訴に団体訴訟を思う

ニフティニュースより
全国の多重債務者約1800人が消費者金融やクレジット会社約74社を相手取り、利息制限法の上限金利を上回るグレーゾーン(灰色)金利分の返還を求める訴訟を13日、全国35都道府県の地裁・簡裁で一斉に起こした。
 請求金額は計約27億1300万円。

27億の請求の着手金・報酬金はいかほどに?
過払い金請求権は必ずしも少額とは限らないが、大量提訴により弁護士費用としてもおいしい事件になりうる。

消費者の少額多数被害は集団的権利回復の手段を用いることが有効なのだが、今般の団体訴訟制度には取り入れられなかった。とりもなおさず回収されたら困る連中が反対したのだが、とにかく団体訴権を制度化したい側が妥協したことも大きい。

今後は、団体訴権の対象範囲を損害賠償請求権にも広げていくとともに、差し止め判決の効力を一般消費者が援用できるようにすることや、差し止め判決の客観的範囲も幅広く解釈すること、そして差し止めの執行方法としての間接強制を効率的かつ機動的に動かすことなどが必要だ。
そうなっていけば、不当な約款使用や不当な勧誘行為の差し止め訴訟が弁護士費用的にもペイするものとなり、現実化すると期待できる。

|

« book:フォレンジック入門 | トップページ | election:福島県知事選民主党の勝利 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/12669493

この記事へのトラックバック一覧です: action:灰色金利返還請求一斉提訴に団体訴訟を思う:

» 過払いっせい提訴 全国で1800人・27億3100万円! [ろーやーずくらぶ]
 全国クレジット・サラ金被害者連絡協議会が中心となって、13日、全国いっせいに過払金返還請求訴訟を提起しました。1800人の債務者が合わせて約27億3100万円を請求したとのことです。日経新聞 読売新聞   静岡 114人・1億3400万円 静岡新聞 ...... [続きを読む]

受信: 2006/11/13 18:39

« book:フォレンジック入門 | トップページ | election:福島県知事選民主党の勝利 »