« access to Justice:法テラス始動 | トップページ | BOOK:一応の推定 »

2006/10/02

News:取立屋、逮捕

ニュース記事より抜粋
-------
無許可で債権回収業を営んだとして、大阪府警生活経済課などは29日、債権管理回収業特別措置法(サービサー法)違反容疑で大阪府豊中市の容疑者ら2人を逮捕した。
無許可営業での逮捕は、2004年に東京地検特捜部が米国人の会社社長を逮捕して以来2件目という。
-------

回収額は債権者と折半するということで、これまで1年余りで5000万円も回収していたというから、年収2000万円超というわけだ。

こいつらに依頼した債権者達はどうなったのだろうか?

|

« access to Justice:法テラス始動 | トップページ | BOOK:一応の推定 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

2004年の地検特捜部の逮捕といい、今回の警察の逮捕といい、地検も警察も無茶苦茶すぎる。
こんな事がいつまでも通用する訳がなく、国家権力に対して何らかのお咎めが必要だと思う。
サービサー法を完全に履き違えており、貸金業登録業者が不良債務者に催促する事が違法というなら、「お金を貸しても催促するな」と言ってる事と同意語である。ここまで日本にモラルが無くなりバカな地検や警察が法律を履き違えて職権を乱用する事は、絶対に許しがたい行為である。
まぁ~最大のバカはそれを指摘できないマスコミかな・・・。

投稿: 正義の使者 | 2006/10/06 17:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/12122971

この記事へのトラックバック一覧です: News:取立屋、逮捕:

» 無資格で債権回収、サービサー法違反容疑で貸金業者逮捕 [ろーやーずくらぶ]
 貸金業者が別の貸金業者の債権を譲り受けたとして、強引な請求をするケースが見られますが、こうした手法は、実質的な債権回収であり、法務大臣の許可を得ずに債権回収業(サービサー)を営むものであるとの批判がなされていました。  大阪クレジットの経営者が債権管...... [続きを読む]

受信: 2006/10/02 16:12

« access to Justice:法テラス始動 | トップページ | BOOK:一応の推定 »