« spam新たな手口 | トップページ | Public law officeの現状 »

2006/09/17

legislation利息制限法を改正するなら

もし物価水準とかなんとかの理由で利息制限法を改正するのであれば、元本刻みをなくして全部15%としてしまえばよい。
また1条2項は判例の趣旨に沿って改正するのがよい。

判例実務で定着している方向への改正なら、誰も反対しないであろう。

|

« spam新たな手口 | トップページ | Public law officeの現状 »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/11929689

この記事へのトラックバック一覧です: legislation利息制限法を改正するなら:

» 出資法上限金利引き下げ騒動 その4 [つれ数]
上限金利引き下げ賛成ブログ 後編。どの方も似たようなことを言っていますが次の方は自身も多額の借金を抱える方のようです。 借金野郎、借金まみれ 先日グレーゾーン廃止のニュースが流れた。 今日それを受け貸金業界から反対意見書が公表された。 2000万人の利用者の市場を破壊。金利を下げる事がなぜ市場の破壊につながるのか? 利用者にとっては金利が下がる事は、利用しやすくなっても利用しにくくなる事はないはずだ。 市場破壊と考えているのは貸し手側の問題。 金利は下がる... [続きを読む]

受信: 2006/09/21 00:22

« spam新たな手口 | トップページ | Public law officeの現状 »