« arret:刑法244条は内縁関係に適用されない | トップページ | appleバッテリー交換プログラム »

2006/09/03

jugement:行訴法上の仮の義務づけ例

東京地決平成18年1月25日(PDF全文)

行政事件訴訟法37条の5に基づき、行政庁に対して仮の義務づけを命じた例である。

請求は痰の吸引が必要な子供について保育園への入所を認めよというものだが、本案訴訟も提起されている。しかし保育園への入所が必要なのは、その子が就学年齢となるまでで、それまでに本案訴訟が決着するわけではない。そこから、保全の必要性に相当する要件、「償うことのできない損害を避けるために緊急の必要がある」と認められた。

また、被保全権利に相当する要件「本案について理由があるとみえるとき」も、事案に即して認められている。

|

« arret:刑法244条は内縁関係に適用されない | トップページ | appleバッテリー交換プログラム »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/11738746

この記事へのトラックバック一覧です: jugement:行訴法上の仮の義務づけ例:

« arret:刑法244条は内縁関係に適用されない | トップページ | appleバッテリー交換プログラム »