« police:ひき逃げ重罰化はひき逃げ抑止に役立つか? | トップページ | arret:弁護士会懲戒は弁護士会の裁量による »

2006/09/16

arret:不執行の合意は請求異議事由

最決平成18年9月11日PDF全文

公正証書を債務名義とする債権差押えを受けたときに、不執行の合意があったとして執行抗告を申し立てたところ、これは請求異議事由だとして斥けられた。
請求異議と執行異議・執行抗告の役割分担を考える好個の事例である。

ボツネタによれば、これまでも実務はこの通りの扱いできたそうだ。
最高裁は大審院の判例変更としている。

|

« police:ひき逃げ重罰化はひき逃げ抑止に役立つか? | トップページ | arret:弁護士会懲戒は弁護士会の裁量による »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/11921258

この記事へのトラックバック一覧です: arret:不執行の合意は請求異議事由:

« police:ひき逃げ重罰化はひき逃げ抑止に役立つか? | トップページ | arret:弁護士会懲戒は弁護士会の裁量による »