« jugement:行訴法上の仮の義務づけ例 | トップページ | event:法科大学院シンポジウム »

2006/09/03

appleバッテリー交換プログラム

例のソニー製電池を使っている関係上、リコール対象品となり、交換プログラムをウェブから申し込んだ。

しかし、バッテリーのシリアル番号なるものがいくらやってもエラーとなった。
上記ページには下記のような図が載っていたので、最初の5文字までを入力したのだ。
Battery_12inch_pbook_small
結局サポートに電話して全部を入力するということを教わり、事なきを得た。

ゼロとオーとも区別しずらいし、厄介なことである。

さあ、次の出張ではバッテリー駆動が主となるだろうが、果たして火を出さないでいてくれるだろうか>ソニー製

|

« jugement:行訴法上の仮の義務づけ例 | トップページ | event:法科大学院シンポジウム »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

お、お仲間です。

投稿: kumakuma1967 | 2006/09/03 10:12

つまり、アップルは不正確なウェブページのおかげで、少なくとも二人分の国際電話料を負担する羽目になったんですね。

投稿: 町村 | 2006/09/03 11:15

あ、私はエラー出した後に全部入れてみて、web上で収まりました。

でもコールセンター周りより、福山通運に払う送料と回収費用の方がずっと高そうです。

投稿: kumakuma1967 | 2006/09/03 11:30

賢い!
私は試しに6文字目まで入れてみて、やはりダメなので電話してみました。

投稿: 町村 | 2006/09/03 11:33

σ(^_^)は、 MacBookProのほうでやりましたが、1個のバッテリ交換なのに、同じ日に3個バッテリがやってきました。

投稿: tedie | 2006/09/03 17:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/11739050

この記事へのトラックバック一覧です: appleバッテリー交換プログラム:

« jugement:行訴法上の仮の義務づけ例 | トップページ | event:法科大学院シンポジウム »