« exam:情報法2006 | トップページ | view:上戸彩の髪型 »

2006/08/01

Police:指印がたくさんあれば信用性は高い?

時事通信より
「供述調書、全ページに指印=裁判員制度に向け、9月試行−警察庁
 警察庁は1日までに、事件の容疑者の供述調書の全ページに指印を求めることを決め、各都道府県警に指示した。裁判員制度導入に向けた措置で、9月から半年間、警視庁の2署と各道府県警の各1署で試行。結果をみて、全署で実施するか決める。」

自白の強要で信用性のない自白調書だと争われているのに対し、各ページに指印があれば信用性を認めてもらえると考えること自体、馬鹿そのものではなかろうか。
代用監獄で20日余り責め立てられ、精も根も尽きて自白調書にサインと指印を押させられたといっている人が、各ページに指印を押すのだけは断れるというのか?
一度認めてしまったら、その精神状態から脱するまでは認め続けるのだから、たくさん指印を押しても、一つだけでも、全く意味がない。

調書の改竄防止のため各ページに捺印するということであれば理解は可能だが、自白が強要されたものだといって争っている場合に、改竄してないことを証明してなんになるのか?

取り調べ過程のビデオ記録を何とかして避けたい警察がひねり出した調書の信用性を高める策が、これしかないとすると、いよいよもって、ビデオ記録が必要だということになる。

しかしそれ以前に、裁判員制度になってもやはり調書裁判を続けるつもりなのだろうか?

|

« exam:情報法2006 | トップページ | view:上戸彩の髪型 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

 米国連邦法域のアフダビットやステイトメントは、供述人が、全ページの裏面に署名(シグネチャorイニシャル)して、訂正箇所はイニシャルを書いてました。
 英国は、全取調べ過程をレコーデッドワンステープ(1度しか録音できず巻き戻しができない特殊なコンパクトカセットテープ)で録音してます。そのため、被疑者の「ブラディコップ」「ファッ○ユー」「ファッ○ア○」なんかが息遣いマンマで録音されてました。生きたコックニー英語を勉強するには最適だそうです(笑。

投稿: ハスカップ | 2006/08/01 22:06

証拠能力と証明力の区別はついていますか?

投稿: そのまえに | 2006/08/02 00:25

「調書の任意性や信用性・・・」と書かれた記事に引きづられたようで、すみません。

投稿: 町村 | 2006/08/02 00:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/11190108

この記事へのトラックバック一覧です: Police:指印がたくさんあれば信用性は高い?:

» 電話接見と調書全ページへの指印 試行へ [ろーやーずくらぶ]
 警察庁は、弁護人と被疑者との電話接見を来年度より試行することを明らかにしました。しかし、特定の警察署まで出向いた上、自前の携帯電話で通話する上、時間制限付きというのですから、弁護活動に資する制度設計ができるまでにはまだまだ道のりは遠そうです。毎日新聞...... [続きを読む]

受信: 2006/08/06 00:05

« exam:情報法2006 | トップページ | view:上戸彩の髪型 »