« jugement:メタタグが商標権侵害となった事例 | トップページ | Plutoが惑星でなくなった »

2006/08/23

jugement:共有物分割判決の例

千葉地判平成18年6月28日(PDF判決文

成田空港の一坪地主に対し、公団側が相共有者として共有物分割請求をし、公団側が全所有権を取得し、その対価を被告に支払うよう命じた判決が下された。

珍しい共有物分割の例だが、色々疑問はある。
原告に対して被告への給付を命じる条項が判決主文にあるが、これは債務名義となるのだろうか?

遺産分割審判で同様の条項があれば、もちろん債務名義となる。やはり形式的形成訴訟だと、訴訟物とか請求とかにこだわらず、非訟として理解する方が正解なのかもしれない。

|

« jugement:メタタグが商標権侵害となった事例 | トップページ | Plutoが惑星でなくなった »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/11576309

この記事へのトラックバック一覧です: jugement:共有物分割判決の例:

« jugement:メタタグが商標権侵害となった事例 | トップページ | Plutoが惑星でなくなった »