« jugement:相殺の抗弁が排斥された事例 | トップページ | Police:指印がたくさんあれば信用性は高い? »

2006/08/01

exam:情報法2006

 Xは、無料掲示板3ちゃんねる(http://www.3ch.gov/、管理人は東町行弘)をよく利用して、趣味のラジコンカーの話題を楽しんでいた。3ちゃんねるのおたく板には、様々な趣味系おたく向けのスレッドがたっており、ラジコンスレはその一つである。
 ある日、いつものラジコンスレを眺めていると、自分のことが話題になっているのが目に入った。

754 :名無しさん!:2006/07/14(金) 19:38:26 ID:8vklLlZ2
Xが何を言いたいのか理解できない… 本質的に頭が悪いのだろう。

755 :名無しさん!:2006/07/14(金) 19:39:36 ID:8vklLlZ2
Xは40歳にもなっても結婚できない不潔中年。
Xのもっているラジコンカーは全部盗んだものだって、知ってた?

 こんな調子で、Xの個人的な家庭環境や日常生活が、虚実とりまぜてあげつらう書き込みが20個程度書かれており、しかもそのすべてが同じIDである。このIDは書き込みした人のコンピュータにクッキーを送り、最初の書き込み時に割り当てられたIDが常に表示されることになっている。
 怒りに燃えたXは、3ch管理人の東町に問い合わせて削除を求めた。東町は、アクセス状況を把握するためにアクセスログはすべて記録しているが、厳重な秘密で、通信の秘密として守秘義務があること、書き込み削除には原則として応じていないし、Xの指摘する書き込みもよくある悪口に過ぎないから対応できないこと、必要があれば自分で反論すればよいなどと回答した。

【問題1】Xが当該書き込みによる被害を回復するためにとりうる法的手段を説明しなさい。その際、3ch管理人と書き込みをした者とのそれぞれに分けて、予想される問題と解決方法を論じなさい。

【問題2】現行法は、こうしたトラブルの解決にどのような欠陥があり、どのような改善が必要と考えられているか、簡潔に説明しなさい。

参考URL: public comment募集:インターネット有害情報対応

|

« jugement:相殺の抗弁が排斥された事例 | トップページ | Police:指印がたくさんあれば信用性は高い? »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

【怪答1】
 問題は2人が削除も謝罪も損害賠償にも応じないことであり、最適怪答は、スルーして放置プレーである。「そんな下らない罵倒の釣りカキコに反応するほど私はアホでない」と思えばよいからである。(ノット「馬鹿馬鹿言うな馬鹿」の原則)
【怪答2】
 現行法は、削除権、謝罪要求権、損害賠償請求権を行使できると定めてしまったし、先般の東京地裁が対抗言論を推奨する判決を出してしまったので、これらをヤレヤレと煽る香具師(弁護士の極一部)がネットで大声をあげて(顧客獲得の金儲け?)ウルサイことである。ゆえに、改善方法としては、現行法に、被害者の放置プレイ権とスルー権(沈黙の自由とシカトの自由)を明記することである。

PS:笑って許す大人の心(w

投稿: ハスカップ | 2006/08/01 20:27

 町村先生が普段の授業で上記のような点についてどのように教えているのか興味があります。

投稿: 小倉秀夫 | 2006/08/03 11:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/11176085

この記事へのトラックバック一覧です: exam:情報法2006:

» Virtual Exam (Ogura Virsion) [la_causette]
 町村先生がご自身のブログで情報法に関する問題を出しているので、私のまねをしてみ [続きを読む]

受信: 2006/08/03 12:04

« jugement:相殺の抗弁が排斥された事例 | トップページ | Police:指印がたくさんあれば信用性は高い? »