« trial:薬害肝炎名古屋訴訟の弁論のお知らせ | トップページ | 私情協のIT活用教育方法研究発表会 »

2006/07/01

public comment募集:インターネット有害情報対応

総務省の「インターネット上の違法・有害情報への対応に関する研究会」最終報告書案というのが公開され、パブリックコメントが求められている。
報告書案(PDF)
パブリックコメント募集

<研究会における検討事項>
1)  プロバイダや電子掲示板の管理者等が他人の掲載する違法情報を放置した場合の刑事責任について
2)  インターネット上の違法情報に対するプロバイダや電子掲示板の管理者等による自主的対応及びこれを支援する方策について
3)  インターネット上の有害情報に対するプロバイダや電子掲示板の管理者等による自主的対応及びこれを支援する方策について
4)  プロバイダ責任制限法における発信者情報開示の運用について
5)  インターネットにおける匿名性について
6)  海外からの情報発信について

詳しくは上記ページから報告書案を見てもらいたいが、匿名の卑怯者対策など、日頃ブログにコメントをたくさん寄せている人々にとっては格好の窓口である。

|

« trial:薬害肝炎名古屋訴訟の弁論のお知らせ | トップページ | 私情協のIT活用教育方法研究発表会 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

 掲示板管理者の刑事責任についても法務省でもなく警察でもなく総務省が決めてくれるようです。
 この問題はいまでも最高裁と名古屋高裁でああでもないこうでもないと迷走していますので、大変助かります。
もっとも、この総務省研究会の報告書案は、上記事件では、証拠採用されませんでした。

投稿: 弁護士奥村徹(大阪弁護士会) | 2006/07/01 13:25


[*map/map_cn_sd2_mordy.txt||10||r||1|| @]

投稿: postal | 2007/10/02 13:44


[*map/map_index_coml2.txt||10||r||1|| @]

投稿: dotarull | 2007/10/07 06:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/10743791

この記事へのトラックバック一覧です: public comment募集:インターネット有害情報対応:

» 日本におけるネット規制の行方 [風雲録]
自殺仲間募集の問題等に対応する為に総務省が今秋へ向け、有害サイト・情報の削除基準を定めるようです。 8月に最終報告をまとめる為に、意見募集をしています。 http://www.soumu.go.jp/s-news/2006/060630_11.html 今回の提言におけるPDFファイルが公開されています。その中での結論として、 >研究会では、このような法的な整理を踏まえて議論をとりまとめ、電子掲示 板の管理者等による違法・有害情報への対応に関して、電子掲示板の管理者等 による情報の違法性・有害性の判... [続きを読む]

受信: 2006/07/03 12:26

« trial:薬害肝炎名古屋訴訟の弁論のお知らせ | トップページ | 私情協のIT活用教育方法研究発表会 »