« news:わざと三振したら始末書 | トップページ | LSAT対応表 »

2006/07/23

news:労働審判制度の順調な滑り出し

朝日新聞サイトの最高裁行政局まとめによると、制度発足から3ヶ月で278件が新規受理で、そのうち、最も多かった地裁は東京で、85件。大阪の27件、横浜の19件、名古屋の17件と続く。

東京の85件のうち、15件が終結し、そのうち調停成立が12件を占めるという。

この15件の審理期間平均は50日程度だったというが、特に早く終わった事件の審理期間平均を求めても、ミスリーディングではなかろうか。

|

« news:わざと三振したら始末書 | トップページ | LSAT対応表 »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/11068756

この記事へのトラックバック一覧です: news:労働審判制度の順調な滑り出し:

« news:わざと三振したら始末書 | トップページ | LSAT対応表 »