« wedding歌う花嫁 | トップページ | news:わざと三振したら始末書 »

2006/07/22

Jurist特集「新しい時代の民事訴訟法」

有斐閣のジュリスト2006-8-1,15合併号(1317号)は、民事訴訟法制定10年の記念号で、現段階での平成民訴の在り方と、今後の展望を多方面から行っている。

それで知ったのだが、文書提出命令申立は年間4000件以上もある。ところが認容率はほぼ1割程度ということである。
また、刑事関係資料の文書提出命令も、任意提出を適切に行っているという報告が公式にはなされているが、実際はそうではないということが、弁護士からも、裁判官からも指摘されている。

そのほか、色々と勉強になる。

|

« wedding歌う花嫁 | トップページ | news:わざと三振したら始末書 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

文書提出命令は、「相手方が申立てに応じて任意に開示→申立取下げ」というパターンがかなりありますが、それを反映した数字でしょうか?
他方、刑事の検察側証拠開示の実情は絶望的です。少なくとも裁判所には全証拠を開示する制度にしないことには、今後も証拠隠しが横行しそうです。

投稿: 通りすがり | 2006/07/23 00:15

その辺は記事の中ではハッキリしないですね。
申立は公式統計からで、認容率というのは最高裁の非公式集計のようです。
執筆者は菅野裁判官。

投稿: 町村 | 2006/07/23 00:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/11060267

この記事へのトラックバック一覧です: Jurist特集「新しい時代の民事訴訟法」:

» 今日の気になる [読書ときどきごはん。たまに企業法務。]
「公取調書、株主に見せよ」 株主代表訴訟で東京地裁「従業員が談合しただけ。経営陣は知らなかった」などと主張しがちな役員たちの責任追及に追い風になりそうだ。命令は1日付。  訴訟は、同社の株主が取締役らを相手に「従業員の行... [続きを読む]

受信: 2006/09/06 23:37

« wedding歌う花嫁 | トップページ | news:わざと三振したら始末書 »