« 市会議員のWeb名誉毀損 | トップページ | accord:暴力団事務所の使用差し止めが和解 »

2006/06/21

mid:夏至の薬害肝炎訴訟判決

薬害肝炎のページ
大阪地裁で、全国の先陣を切った薬害肝炎訴訟第一審判決が下された。

血液製剤フィブリノゲンで肝炎に感染したことには争いが事実上なく、何を争うことがあるのかという印象だったが、危険性が明らかとなる時期から原告間にも明暗を分けた。

名古屋弁護団のページではこの判決について、責任成立可能性を限定した点を不当とする声明が発表されている。

|

« 市会議員のWeb名誉毀損 | トップページ | accord:暴力団事務所の使用差し止めが和解 »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/10624247

この記事へのトラックバック一覧です: mid:夏至の薬害肝炎訴訟判決:

« 市会議員のWeb名誉毀損 | トップページ | accord:暴力団事務所の使用差し止めが和解 »