« IN-LAW ニュースレター編集WGブログ | トップページ | misc:耐震性に問題あり »

2006/05/29

news:処分化粧品をネット競売に横流し

毎日新聞ネットニュースより
---
配送中にこん包が破損するなどしてごみ処分場に持ち込まれた製薬メーカー、再春館製薬所(熊本市)製の化粧品「ドモホルンリンクル」が、インターネットのオークションサイトで大量に販売されていたことが分かった。処分場の担当社員が無断で持ち出して出品、約100万円を売り上げていた。
---

配送中の事故で商品が凹んだりしたもののうち、損傷の程度が軽いものを横流ししたということなので、業務上横領は間違いなく、悪いことに違いはない。

しかし、この化粧品が良いものなのか悪いものなのかは全然知らないが、仮に商品そのものに問題がないのであれば、多少損傷してしまったものを「捨てる」ということに、むしろ問題性を感じてしまう。

世間では、リサイクル・リユースが流行だし、それはそれで良いことである。たとえ経済的には見合わなくとも、いつかは実を結ぶかもしれない。そこでコピー用紙も表を使ったら、裏も使うとか、ちびた鉛筆にキャップを付けるとか、涙ぐましいちまちまとしたところには精力を注ぎ、それをまた褒め称えないといけないことになっている。

なのに、オンラインオークションに出せば100万円以上も売れるような商品を「捨てる」とは、開いた口がふさがらない所業ではないか。
きれいな商品ではなければ売れない、企業イメージにも関係する、捨てるのが一番安上がり・・・と、山ほど反論はあるだろうが、このようなことがまかり通っている限り、環境問題に未来はないと思う。

産業廃棄物の処理にかかるコストが今の100倍くらいになれば、こうした傷物を切り捨てた方が安上がりという構造が変わるのだろうか?

|

« IN-LAW ニュースレター編集WGブログ | トップページ | misc:耐震性に問題あり »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/10291340

この記事へのトラックバック一覧です: news:処分化粧品をネット競売に横流し:

« IN-LAW ニュースレター編集WGブログ | トップページ | misc:耐震性に問題あり »