« TV:マチベン | トップページ | LS:内田貴教授の法科大学院論 »

2006/04/11

winnyウィルスの善行

落合ブログで知ったこの記事については、なかなか興味深いものがある。

「愛媛県警捜査1課の男性警部(42)の私有パソコンからファイル交換ソフト「ウィニー」を介して捜査情報などがインターネット上に流れた問題で、同県警が殺人事件の参考人に浮上した女性の車に、全地球測位システム(GPS)を使って位置情報を提供する大手警備会社の携帯端末を取り付けて行動確認をしていたことを報告する文書が流出していたことが10日、明らかになった。女性には無断だったと見られる。」(Asahi.com

内閣府の偉いサンが国民にウィニーを使わないようにと呼びかけたのは、この種の「秘密」を隠したいからという素直な気持ちの表れなのであろう。実に分かりやすい話だ。

それにしても、「秘密」の陰に隠れ、人の車に勝手に追跡機を取り付けるという昔のジェームズ・ボンド(の敵役)もどきの行為を行っているとは・・・。

ちなみにこのニュースの末尾にはもう一つ、典型的な発言が書かれている。
「流出した文書の内容を明らかにすることは、情報の拡散を招くおそれがあり、プライバシー保護の観点から答えられない」
日本語として意味が通っていない文章だが、とにかくプライバシー保護をおためごかしに用いて、自分たちの後ろ暗い行為を隠したいという意図はよく伝わってくる。
こういう態度だから、警察は信頼を勝ち得ず、盗聴法を作ったときも法律の制約を守るかどうか怪しいものだという評価で見られるのだ。

|

« TV:マチベン | トップページ | LS:内田貴教授の法科大学院論 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

 秘匿尾行のIT化電子化ですか。こっちの方が物理的な人力尾行より人権侵害の程度が少ない(警察官に行動…たとえば浮気w…を逐一目撃されない)と主張されるかな。

投稿: 立ち止まり | 2006/04/11 17:02

と堂々と主張されるのなら、それはそれで良しと思います。
刑事法の専門家が議論すればよいのですが、あくまで隠してごまかそうとする態度が許せん!

投稿: 町村 | 2006/04/11 17:52

同じ愛媛県警からは、Nシステムのデータも流出してますね。
http://response.jp/issue/2006/0320/article80395_1.html
#よく見たらこれも捜査一課だ。。。

これについては裁判で一定期間後に破棄していると主張していたのが、
正に裁判している時期のデータも含まれていたとか。
それが本当であれば、
裁判で証言した人は偽証罪か何かに問われないんですかね?

投稿: 断 | 2006/04/11 18:04

 町村先生、私のような風来坊にご意見ありがとうございます。先生のご見解はそのとおりだと思います。先ほどの屁理屈を立てて突っぱねるならまだしも(敵ながら天晴れ?)、組織防衛の観点から隠して誤魔化してウヤムヤでは、誰も納得しないと思います。
 質問に真摯に答えてこそ万人の納得を得ると思います。これは政治や事件やブログに限らず人付き合いの基本的信頼の基礎と確信しています。

投稿: 立ち止まり | 2006/04/11 18:06

 桜田門さんは、嘘をつきとおします。
 「信じられない嘘」を主張します。どうしても否定できない証拠をつきつけられない限り。

 その体質が誤判や冤罪を生むのです。

 誤判や冤罪について、PさんやJさんのシステムや体質の議論しても、解決の20%にしかなりません。
 80%は桜田門さんが持っているのです。

 理由も、、、ないことはないのですが、、、。
 

投稿: 弁護士五右衛門 | 2006/04/11 21:10

元記事をみましたが,警備会社のコメントもなかなかふるっていますね。
「契約者には警察官がいるかどうかは言えない。ただ、本人の了承なしに車に取り付けたり他人の服に忍び込ませたりすることは規約で禁止している」
そう。人殺しも窃盗も覚醒剤の自己使用も,法律で禁止されてますね。しかし,やる奴はやるし,この警備会社も「やっていない」とは言ってないんですね(笑)。

(昔パソ通時代に「あらゆる行為は自由になし得る。刑罰という対価を払えば良いだけのことだ。」と言ってた人がいまして,対応に苦慮したことがありました)。

投稿: h | 2006/04/11 21:58

hさん、それを言えば、アメリカの高名な学者が「契約を破る自由」という本(か論文)を書いています。
現象面で見れば、まあそういうことになろうかと。

なんとなく知恵の付いた高校生が振り回しそうな屁理屈というか、法学徒も一度は通過する儀礼みたいな感じですけどね。

投稿: 町村 | 2006/04/12 08:17

>犯罪捜査に詳しい専門家から賛否両論の声が上がっている。

犯罪捜査に詳しくないド素人としては、この部分が大変気になりました。
せいぜい是認とかいうくらいならわからないではない気もするのですが、「賛」成する向きもあるのでしょうか? 記事の表現に拘泥してしまってるだけかもしれませんが。

投稿: off-key | 2006/04/16 02:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/9536298

この記事へのトラックバック一覧です: winnyウィルスの善行:

« TV:マチベン | トップページ | LS:内田貴教授の法科大学院論 »