« Winnyウイルスの善行ex2 | トップページ | AERAコメントの意図 »

2006/04/16

onlineゲームに実名登録

中国はオンラインゲームの参加に実名と身分証番号を登録することを義務づける方針を打ち出した。
中国、オンラインゲームに「実名登録」義務化へ

中国各紙は「他人の身分証番号でも接続は可能」「プライバシーが侵害される」など、実名制の効果や意義を疑問視する意見を紹介。ネット上で他人の身分証番号リストを有料で公開するサイトの出現を心配する声もあるそうである。

国民の間で何が行われているかをとにかくコントロールしたい権力は、得てして、個々人にひもを付け、投網を掛けるような監視に走りがちである。その結果、ゲームのような趣味の世界にも「公安」が幅をきかせる世の中になってしまっているわけで、お里が知れるというものだ。

中国でもプライバシー侵害を気にする意見が新聞に載るということに、逆に注目すべきなのだろう。中国政府は××でも中国人民は必ずしもそうではない。

|

« Winnyウイルスの善行ex2 | トップページ | AERAコメントの意図 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

 日本国内では中国の身分証「居民身分証」の偽造モノが多数流通しています。これが悪用されなければいいのですが。

投稿: わくてか | 2006/04/17 01:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/9617443

この記事へのトラックバック一覧です: onlineゲームに実名登録:

» 中国 オンラインゲーム実名制導入 [ネット社会、その光と闇を追うー]
中国、ネット中毒防止の一環でオンラインゲームに実名義務 中国 [続きを読む]

受信: 2006/04/16 16:41

« Winnyウイルスの善行ex2 | トップページ | AERAコメントの意図 »