« NEWS:姉歯、木村、藤田、叩けば埃の出る人たちだが・・・ | トップページ | 裁判例のWeb発表、回復か »

2006/04/26

Nikkei:司法の担い手シリーズ

司法制度改革が大好きな日経新聞は、またまた司法改革のシリーズを一面に連載している。
今日は、司法の担い手の法曹が、その量と質の維持に苦しんでいるという趣旨の記事だ。

客観的事実としては、正しいことばかりなのだが、記事の最後のコメントは、日経の基本姿勢としては奇妙な違和感を感じさせてくれた。
「多くの国民や企業にとって弁護士や裁判官、検察官と接するのは窮地に陥ったとき。それがたまたま「ハズレ」では済まされない。法曹の担い手の量と質を両立させる知恵か求められている。」

法科大学院→新司法試験→司法修習・二回試験→実務
このプロセスの中で教育・研修と選別とを繰り返しつつ、高い質の法曹を大量に生み出そうというのが基本的発想なので、二回試験で落第が多くなるのは想定の範囲内、というより必然的帰結ではないか。
もちろん最終関門で落第、最終的にも不合格となると、それまでの教育投資が国にとってもその法曹卵にとっても無駄になりすぎるので、それ以前のプロセスでの選別によらざるを得ないし、法科大学院でも学年ごとの選別が厳格な成績評価の名のもので要求されている。

さて、その上でも、法曹の質にはばらつきがあるのは当然であり、従来の養成制度だって、法科大学院時代の養成制度だって同じことである。人数が多くなる分、優秀な方はますます優秀に、「ハズレ」の方はますます「ハズレ」になっていくことも想定の範囲内。
日経的には、それをむしろ歓迎して規制緩和といい、事後的チェックにゆだね、競争原理の中で「ハズレ」は退場せざるを得ない仕組みに変えていくべきだと言ってきたはずである。

問題は、競争原理の中でも「ハズレ」の法曹が退場する仕組みがきちんとできるかどうかだが、それ以前に「ハズレ」に当たってしまう不幸は、社会としても引き受けることは当然であろう。
ちょうど、民間検査を導入して競争原理の中での質の高さを追求すれば、ごまかして仕事をやっつけ、それがばれて退場させられる企業が出てくる、そんな「ハズレ」に当たった入居者は、気の毒だけども想定の範囲内というのとよく似ている。
もちろんハズレに当たっても、途中でリカバーできるような様々な仕組み(例えばセカンドオピニヨンのような)が必要だ。しかし、最終的には利用者の側も自己責任が問われるのであり、「「ハズレ」では済まされない」といわれても、そういう社会を日経的には望んでいたのではなかろうか?

|

« NEWS:姉歯、木村、藤田、叩けば埃の出る人たちだが・・・ | トップページ | 裁判例のWeb発表、回復か »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

バブルが膨らむ時にはバブルをあおり、バブルがはじけた後には、一転してバブルに「踊った」人々を叩いたり、と、何事につけても一貫性に欠けていますから、この程度のことは「想定の範囲内」ですね。

投稿: yjochi | 2006/04/26 10:07

 資格取得後10年ごとにぐらいに、易しい基本的内容でよいので、更新試験のようなものをしてもらえると、安心できるんですが。
 判検には定年がありますが、弁護士には定年がありません。まして、公証人となると、退職裁判官の再就職先みたいなものだと聞きますし。
 弁護士会が高齢会員に、業務を遂行できるかどうかの自主的な審査を行っているのは知ってますが、制度的にそれを保証してもらいたいのです。
 最底辺の法曹を切ることが、どれだけ法曹の質を上げるかはわかりませんが、マークシートやCBT方式なら、さしてコストはかからないと思います。

投稿: Inoue | 2006/04/26 14:28

私も、更新試験がいいと思います。
司法試験は、20年前に比べてはるかに難化しているとよく聞きます。
ですが、合格率は、最近までほとんど変わることがなかったと聞きます。
であれば、20年前の合格者たちのレベルは、現在に比べてかなり劣っていたのではないでしょうか?
弁護士の懲戒も50代が最も多いと聞きます。

現在の法曹は、少し少なすぎてぼったくっている規制産業なので、
門戸はさほど狭くなくていいので、
運転免許のように、5年か10年ごとの更新性にすれば、
できの悪い、不向きな法曹とやらは、効果的かつ確実に排除できるのではないでしょうか

投稿: wents | 2006/04/26 21:00

20年前というと落合先生が合格された前後ではないかと思うのですが、そのころは難しさのピークだったのではないかと思うのですが(合格者数が増えるにしたがって徐々に易化していったわけで。)。

投稿: 小倉秀夫 | 2006/04/27 01:01

更新制にせよ、更新時の試験にせよ、どういう内容でやるかがネックですね。
実務で、ある分野で活躍中の弁護士さんが別の分野の常識的内容を知らなくても、それはそれで当然だと思うし、実務家の能力を的確に測る試験というのは考えにくいです。

投稿: 町村 | 2006/04/27 01:26

落合さん、
たしかにこの程度の記事にいちゃもんつけるのはナイーブ過ぎたかもしれません。

投稿: 町村 | 2006/04/27 01:50

ぼったくっているように見えるのかぁ・・・。
かなり「勉強」しているつもりなのですが。

投稿: きゃんた | 2006/04/27 10:57

「実務家だから専門外は疎くても仕方ない」としても、モノには限度があるのです。
幸いにして、いまだに法曹のお世話になったことはありませんが、医者の世界には、40年前の知識で仕事をしているおじいちゃん先生が山ほどいて、さっさと引退すればいいものを、場末の病院や診療所や検診会場で臨床をやってます。彼らはX線写真どころか血液検査の結果すら読めません。形だけ医者の真似事をしているだけなのです。幸いにして自分のレベルを知っているから、あまり問題にはなりませんが、ときとしてとんでもない医療事故をおこします。
http://inoue0.exblog.jp/2627991/

投稿: Inoue | 2006/04/27 14:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/9769340

この記事へのトラックバック一覧です: Nikkei:司法の担い手シリーズ:

» 本の紹介ー小説「司法占領」 [弁護士のため息]
 昨日は、夕方から委員会に出席した。  この弁護士の委員会活動というのは、あまり [続きを読む]

受信: 2006/04/28 13:20

« NEWS:姉歯、木村、藤田、叩けば埃の出る人たちだが・・・ | トップページ | 裁判例のWeb発表、回復か »