« blog:無邪気なジャーナリズム | トップページ | ECネットワークの相談開始 »

2006/04/05

auctionに魂を出品

日本ではなく中国の話らしい。しかし結局はYahoo!の一つなのだが。
中国人男性、ネットオークションに自分の「魂」出品(ロイター)

詳しいことは記事を見てもよく分からないが、ともかく魂をオークションにかけたとのこと。

思考実験として、日本のオークションサイトで同様のことをしたとすると、どういうことになるのか?

魂とは動産か? それとも無体財産(=知的財産)か何かか?
あるいは、役務だろうか?
よく悪魔が魂を売れと言って便宜を図ってくれるのは、死後の魂と言うより現世で手先になれと言うことだ。そうだとすると、「倫理観に縛られることなく何でもあなたの言うことを聞いてあげます」という申出だろうか。

|

« blog:無邪気なジャーナリズム | トップページ | ECネットワークの相談開始 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/9444664

この記事へのトラックバック一覧です: auctionに魂を出品:

« blog:無邪気なジャーナリズム | トップページ | ECネットワークの相談開始 »