« 谷みどりさんのBlog炎上 | トップページ | PSE:経産省が勧める抜け道と民間の知恵 »

2006/02/20

trial:薬害肝炎訴訟

大阪地裁の薬害肝炎訴訟は20日で結審へ
大型の薬害事件だが、一審段階は終盤にさしかかったようだ。

名古屋では、以下の通り原告本人尋問が予定されている。

2月28日(火曜) 10時〜17時
名古屋地裁第1号法廷

ロースクールの学生さんたちは、是非傍聴に行ってみるとよい。

名古屋訴訟についてもブログがある。

|

« 谷みどりさんのBlog炎上 | トップページ | PSE:経産省が勧める抜け道と民間の知恵 »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

 血液製剤のように、原因がはっきりしている薬害肝炎ならまだ救われるんですが、私の知人では、幼児のころに受けた集団予防接種で感染したと考えられるB型やC型のキャリアがいるんです。
 かつての集団予防接種は、注射針を使い回ししていました。ディスポーザブルになったのは、ここ20年ぐらいではないかな。予防接種じたいも、保健所や学校で集団でやるものではなく、近所の診療所で個人単位で受けるようになりました。

投稿: Inoue | 2006/02/20 12:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/8750476

この記事へのトラックバック一覧です: trial:薬害肝炎訴訟:

« 谷みどりさんのBlog炎上 | トップページ | PSE:経産省が勧める抜け道と民間の知恵 »