« SNSの危険 | トップページ | Googleのメディエーション »

2006/02/11

torino:オリンピック開幕

たまたま早起きして開会式を途中から見た。

フェラーリはともかく、アイーダのテーマにのってオリンピック旗が入場したところは、さすがにイタリア。
ソフィア・ローレンやノーベル平和賞受賞者などの女性たちが運んで来るというのも、また、ヨーロッパを感じさせる。
オノ・ヨーコにオリンピックが似合うかどうかは、議論の余地のあるところだろう。確かに平和の祭典という点では、ぴったり。しかしオリンピック、しかも開会式って、「一糸乱れぬ」とか軍隊調の入場行進とか(極東の選手たちは今回も歩く練習したんだろうか?)、要するに秩序が重んじられるイメージが強い。

ま、スポーツと平和というのは矛盾を孕んだ関係なので、それがちょっと顔をのぞかせたというところだろうか。

ところで、なんでパバロッティが歌ってる最中にニュースを始めるんでしょうか>NHK

|

« SNSの危険 | トップページ | Googleのメディエーション »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

ただの余興だからもういいやと思ったんでしょうね。編成担当者の知的水準の低さを物語っていると思います。パヴァちゃんの生の声を聴ける機会というのが、どのくらい残されているのかも判っていないのでしょう。
1音くらい下げた「誰も寝てはならぬ」だったけど、あの声の色というのは得難いものです。

投稿: h | 2006/02/11 09:58

>ただの余興だからもういいやと思ったんでしょうね。

他の可能性も。
有料のBSでは見れたと仮定したらですが、
受信料不払い対策の予兆とも考えられなくもないですね。受信料払ってる人はどうしてだと言うことになりそうですが。


いずれにしても彼のking of Hi-Cが聞けないというのは視聴者からすれば残念。

投稿: 東馬 | 2006/02/11 15:36

幸いに夜のハイライトでは切られずに見ることが出来ました。去年の春のサヨナラコンサートでは、足腰の状態があまり良くなかったようで、背の高い椅子にちょこっと腰掛けて歌っていましたが、今回は良かったようですね。

投稿: h | 2006/02/11 22:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/8602759

この記事へのトラックバック一覧です: torino:オリンピック開幕:

« SNSの危険 | トップページ | Googleのメディエーション »