« trial:薬害肝炎訴訟 | トップページ | arret:占有保全の訴えの最新事例 »

2006/02/21

PSE:経産省が勧める抜け道と民間の知恵

朝日新聞によれば、
---
経産省に問い合わせた業者は「自主検査してPSEマークを付ければ売れる。ただし事故があれば全責任を負って」と言われた。
 電安法では、同省に届け出るだけで「製造事業者」になれる。資格も要らない。製造事業者は(1)商品の外観に問題がない(2)電源が入る(3)1千ボルトの通電試験で漏電しない、の3点を点検すれば中古品にも新しいPSEマークをはれる。
---
とのこと。
さあ、これに対する法的問題点は?


同じ記事に書いてあったが、不正競争行為となったり、商標法違反となったりとのこと。

対して民間の知恵は以下。
---
販売は禁止でもレンタルや無償譲渡は構わない。そこで4月から、製品の作動を保証する「価値残存年限」を明示して客に貸し出す。年限を過ぎたら、そのまま客に譲渡する。
---

利息を取ることを禁止されているイスラム社会では、銀行が成り立たないかというと、利息ではない手数料とかで儲けて銀行・金融機関が成り立っているそうだ。
また借金ではなく売買契約を締結して、将来一定金額を上乗せして買い戻す特約というのも、古くからあるし、民法典にもあるし、譲渡担保はその一形態だ。

今回の場合はその逆に、売買が駄目なら、賃貸すればよいというわけだ。
ファイナンスリースのようにすればよいのか。

しかーし、立法趣旨からすれば明らかな脱法行為だ。

|

« trial:薬害肝炎訴訟 | トップページ | arret:占有保全の訴えの最新事例 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

PSEマークの導入は、責任の明確化にあるのですかね。
責任はあくまでも製造事業者にあり、経産省にはないと。

零細事業者が事故を起こした際、補償問題で揉めそうな気がしますね。
(経産省の責任が問われ、結局は経産省が焼け太る事になるのでしょうね)

投稿: マッキー | 2006/02/21 21:13

PSEマーク(電気用品安全法(新法))だと中古品売買が可能で、〒マ-ク(電気用品取締法(旧法))だと中古品売買が禁止となるのかそのロジックがよく判らないです。
古い機器の安全性に問題があるのなら、PSEマークが付いていても中古品売買禁止でないとおかしいような……。
もしくは、〒マークをPSEマークに読み替えて同じ扱いにするか……。
新旧で安全基準が明らかに異なっているのなら理解できるけど…
#もともと猶予期間って、〒マークからPSEマークに切り替わるから、もう新規に〒マークは付けられなくなるから猶予期間内に新造品についてはPSEマークの認定手続きに移行してねって趣旨じゃないんですかねえ?
なんかその辺が釈然としないです……。

投稿: WA | 2006/02/21 22:47

投稿: 東馬 | 2006/02/21 22:50

特定以外の電気用品には、本体には〒マークが付いていないのか……。だから、(たとえ新法が読み替えを許したとしても)旧〒マークを読みかえて、PSEマーク付きとみなすことができないということか……。
特定電気用品は適合性検査が必要だから、〒マークがあっても、PSEマークを取得するためには
「国に登録された検査機関による適合性検査を受検し、適合性証明書の交付を受け、これを保存」しなければならないというわけか……。
プラグの〒マークを見て勘違いしてました……。

投稿: WA | 2006/02/21 23:16

いろいろと見てみたんですが、よく判りません。
日常語と法律用語(一般的法律用語と電安法固有の用語)の違いもあるようですし……。
・製造、輸入、修理、点検、販売の違いと関係
・販売、譲渡、リース、レンタル、個人売買、所有権移転の違い、個人取引と業との違いと関係
・旧法(電取法)と新法(電安法)との関係
・特定品旧マーク(甲種<〒>)と特定品新マーク(<PSE>)との関係
・特定外品旧マーク(乙種(〒))と特定外品旧マーク廃止と特定外品新マーク((PSE))との関係
・部品レベルでの特定品(新、旧)を含む特定外品(新、旧)の関係
・修理内容(同一部品交換、同等品部品交換)とマークの有効性
・マークの有効期間とその確認手段
・過去に修理履歴のある電気用品の中古転売の問題
・旧法適用時に、それ以前の物をどのように扱ったか
・PSEマーク表示時の知的財産権との関係

この辺に矛盾がいろいろあるように思います。
#経産省に問い合わせた結果が完璧かと言うと必ずしもそうではなく、最終的には裁判所による法律の条文に則った判断なんですよね?
民主党の川内議員のblogでコメント欄も含めて真摯なやり取りがされているので紹介します。
http://blog.goo.ne.jp/kawauchi-sori/

投稿: WA | 2006/02/25 12:59

私には、疑問点を箇条書きにするぐらいしか、まとめられませんでしたが、私が疑問に思ったことを、しっかりまとめられているページを見つけましたので紹介します。

笹山登生さんのブログ
音楽家・坂本龍一さんらが電気用品安全法(PSE法)に対する反対ネット署名開始
http://www.sasayama.or.jp/wordpress/?p=560

投稿: WA | 2006/03/05 23:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/8772506

この記事へのトラックバック一覧です: PSE:経産省が勧める抜け道と民間の知恵:

« trial:薬害肝炎訴訟 | トップページ | arret:占有保全の訴えの最新事例 »