« trial:親族相盗の適否が問題となっている裁判 | トップページ | arret:否認決定異議事件控訴審判決 »

2006/02/07

本物のPhishing犯が逮捕される

ニフティ経由の読売より
ネットオークションで「フィッシング」詐欺、商品詐取

ヤフオクの画面に似せてID PWをだまし取り、それを使って落札して商品をだまし取ったと言うことで、詐欺と不正アクセス禁止法違反に問われた。
以前のYafooサイト事件はいたずら犯だったが、今回は本物。

こういうのを考えると、やはりエスクローサービスは必須だし、もっと使いやすいように整備する必要がある。
低額取引には現実的でないとしても、高額取引と抱き合わせ契約をオークション事業者が締結し、出品者と入札者に安心マークつきでエスクロー利用権を小売りしてはどうか?

|

« trial:親族相盗の適否が問題となっている裁判 | トップページ | arret:否認決定異議事件控訴審判決 »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/8547430

この記事へのトラックバック一覧です: 本物のPhishing犯が逮捕される:

» phishing-そのWebサイトは偽物です [そなうれ。]
金融機関など正規のWebサイトを装い、暗証番号やクレジットカード番号などを搾取する「フィッシング-phishing」詐欺が問題となっています。 金融機関から送信されたかように偽装されたメールには、セキ... [続きを読む]

受信: 2006/03/16 23:34

« trial:親族相盗の適否が問題となっている裁判 | トップページ | arret:否認決定異議事件控訴審判決 »