« copyright侵害対策の限界はどこまでか? | トップページ | odr:今年もやります、オンラインDVサポート »

2006/02/27

event:情報化による社会変動と新たな制度デザイン

情報学に関する5年間の研究成果を、日本社会情報学会との共催でご披露するシンポジウムが、3月2日に開かれる。

http://wwwsoc.nii.ac.jp/jasi/site/information/060302symposium.html
入場無料、事前登録なし
場所は東大・山上会館

私の出番は第一セッションの午後の部で以下のような構成である。

・電子商取引の普及要因に関する国際アンケート調査と制度デザインへの提言(13:00〜13:30)
報告 岡田仁志(国立情報学研究所)
・情報通信技術に関する特許流通施策の研究(13:30—14:00)
報告 隅蔵 康一(政策研究大学院大学)
・オンラインADRの可能性(14:00〜14:30)
報告 町村泰貴(南山大学)
・社会システムの制度設計の今後−社会システムはどのような制度設計を必要とするか(仮)(14:30−15:00)
報告 出口 弘(東京工業大学)
・討論(15:00〜15:30)
討論者 日置 弘一郎(京都大学)

|

« copyright侵害対策の限界はどこまでか? | トップページ | odr:今年もやります、オンラインDVサポート »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/8868362

この記事へのトラックバック一覧です: event:情報化による社会変動と新たな制度デザイン:

« copyright侵害対策の限界はどこまでか? | トップページ | odr:今年もやります、オンラインDVサポート »