« BBCがニュース映像を無料提供 | トップページ | アメリカでspam業者に112億ドルの鉄槌 »

2006/01/06

Sony事件の余波:EMIのCDを分析したセキュリティ技術者が訴訟リスクを負う

Sonyのコピーコントロールが勝手にスパイウェアをパソコンにインストールし、ホールを造り出してしまうという事件は、Sonyが全面回収と和解に応じることで決着がついたが、その余波がある。
EFFの2006.1.4付けニュース

 EMIのCDにもSonyと類似のコピーコントロールがあり、コンピュータセキュリティ技術者がEMIのCDの仕組みを分析した。ところが、EMIの約款にはリバースエンジニアを禁ずる条項があり、しかもEFFよれば、DMCAに基づいても、コピーコントロール技術の検証をしようとする場合にリスクが生じるという。
 そこで、EMIに対して、EFFが公開書簡を送り、EMI傘下のCDについてコピーコントロールの仕組みを分析した技術者に法的措置をとらない旨の宣言をするよう迫っているということである。

EMIに対する公開書簡(pdf)

日本では、こういう種類の訴訟リスクについて敏感ではないと思われるが、どうだろうか?

|

« BBCがニュース映像を無料提供 | トップページ | アメリカでspam業者に112億ドルの鉄槌 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/8034066

この記事へのトラックバック一覧です: Sony事件の余波:EMIのCDを分析したセキュリティ技術者が訴訟リスクを負う:

« BBCがニュース映像を無料提供 | トップページ | アメリカでspam業者に112億ドルの鉄槌 »