« ワシントンポストのBLOGコメント削除問題 | トップページ | TV:氷壁の民事裁判 »

2006/01/28

EFF:特許と表現の自由

EFFは、eBayに対するオンラインオークション関連特許訴訟について、いわゆる「法廷の友」意見書を提出した。
その趣旨は、特許権侵害に対して永続的な差し止め命令が認められるという下級審判断に異議を唱え、それが前提となると表現の自由に対する脅威となりうること、特にblogs, email, online video, and instant messagingなどのテクノロジーは利用者が自由に使える環境にとどめておくことが、司法の義務だとしている。

January 27, 2006
Supreme Court Tackles Dangerous Patent Ruling
EFF Asks Justices to Consider Critical Free-Speech Implications

法廷の友意見書の本文

興味深い論点であり、日本でもこの点は考慮されて然るべきポイントだ。
特許についてはやや間接的だが、著作権についてはより直接的に関係してくる。

日本の現行著作権法でも、著作権の制限規定には、特にマスメディアや政治・裁判などの場面での表現の自由に配慮した条項が見られる(特に39条-42条あたり)。
インターネット環境における一般利用者の表現の自由を尊重すべきだとするのであれば、上記意見書のような特許権による差し止めからの除外だけでなく、著作権に基づく差し止めや刑事訴追のおそれからの一定の除外を考える必要がある。

|

« ワシントンポストのBLOGコメント削除問題 | トップページ | TV:氷壁の民事裁判 »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/8377175

この記事へのトラックバック一覧です: EFF:特許と表現の自由:

« ワシントンポストのBLOGコメント削除問題 | トップページ | TV:氷壁の民事裁判 »