« LaCoocan | トップページ | Livedoor騒動、自殺者も出た »

2006/01/18

Arret:背信的悪意者の最新事例

最判平成18年1月17日

厳密に言うと、原審が背信的悪意者だとしたのを最高裁が破棄したものであるが、時効取得者との関係で背信的悪意が認められる必要条件が明らかになったという点で注目される。
(一部表現を修正)

要旨部分
「甲が時効取得した不動産について,その取得時効完成後に乙が当該不動産の譲渡を受けて所有権移転登記を了した場合において,乙が,当該不動産の譲渡を受けた時点において,甲が多年にわたり当該不動産を占有している事実を認識しており,甲の登記の欠缺を主張することが信義に反するものと認められる事情が存在するときは,乙は背信的悪意者に当たるというべきである。取得時効の成否については,その要件の充足の有無が容易に認識・判断することができないものであることにかんがみると,乙において,甲が取得時効の成立要件を充足していることをすべて具体的に認識していなくても,背信的悪意者と認められる場合があるというべきであるが,その場合であっても,少なくとも,乙が甲による多年にわたる占有継続の事実を認識している必要があると解すべきであるからである。」

(追記)
北星学園の竹田さんのブログでは、補足意見の部分に注目がなされている。
「原判決の上記のような継ぎはぎ的引用には,往々にして,矛盾した認定,論理的構成の中の一部要件の欠落,時系列的流れの中の一部期間の空白などを招くおそれが伴う。原判決は,そのおそれが顕在化した1事例である。この点において,継ぎはぎ的な引用はできるだけ避けるのが賢明である。」
この後に、パソコン使って判決書くんだから、もっと考えてわかりやすい判決にしろと、痛烈に叱責をしている。

(さらに追記)
上記の指摘の対象判決は、k-doctorさんのご指摘により別の判決におけるものでした。
詳しくはコメント欄をご覧ください。もう私は寝ます。

|

« LaCoocan | トップページ | Livedoor騒動、自殺者も出た »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

町村先生、こんにちは、です。

上の泉裁判官の補足意見の件なのですが、それは背信的悪意者の件ではなく、借々10条の件についての最判についての補足意見ではないでしょうか。

http://courtdomino2.courts.go.jp/judge.nsf/dc6df38c7aabdcb149256a6a00167303/f25d71079f55b22a492570fb00187a36?OpenDocument

一応気になったので(私の勘違いならすみません)。

投稿: k-doctor | 2006/01/21 13:27

ほんとだ。
なんか混乱しちゃいました。

投稿: 町村 | 2006/01/21 19:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/8219993

この記事へのトラックバック一覧です: Arret:背信的悪意者の最新事例:

» ◆ 背信的悪意者につき最高裁判断 [井上直行 弁護士ブログ  関西合同法律事務所 デッセイ]
「長年の占有認識なら所有権主張できず」・最高裁初判断ー2006年1月17日 日本経済新聞 ため池が土砂で埋まってできた土地を所有権未登記のまま長年占有してきた企業に対し、周辺の土地も含めて購入し、登記した自営業者が所有権を主張できるかが争われた訴訟の上告審判....... [続きを読む]

受信: 2006/01/19 12:16

« LaCoocan | トップページ | Livedoor騒動、自殺者も出た »