« ブログ・SNSのビジネス活用事例 | トップページ | クリスマスsunday »

2005/12/24

ロースクールのXmas eve.

ロースクールを担当するサンタさんは、昨年に引き続き、今年も民訴の基本を理解する連続レポートを持ってくる。

今年のサンタさんは、論述のレポートに加え、短答式形式で基礎知識の修得・再確認の材料を提供する予定だ。その道具としては、e-learningが有用である。
南山では、学部も含めて全学で使用できるWeb Classと、法科大学院で用意したWeb CTとがある。使い慣れているのはWeb Classなのだが、学内のアクセスポイントからしか使用できないので、大量の学生に課題をやらせるのには便利だが、休み中のツールとしては有用性が著しく減退する。Web CTは学外からもアクセスできるはずなので、今年はそちらを使用する。

ということで、サンタさんもプレゼントをもらえる良い子も、また今年も新しいやり方に慣れなければならない。

今、テレビで「一生懸命教えているんだけど、なかなか子供が伸びていかない」という悩みを抱えた若い先生が一杯いるという話をしている。法科大学院はまだまだ、そのような悩みが顕在化するはるか以前の段階にある。

|

« ブログ・SNSのビジネス活用事例 | トップページ | クリスマスsunday »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

 星新一先生の著作と米国連邦規則を題材にしたクリスマスプレゼントです。

 サンタが子供のクリスマスプレゼントをもって,トナカイのソリに乗って日本に到来し,とある民家の直上に停止した上,煙突から子供部屋に入った。
 実行行為の着手と違法論を踏まえてサンタの罪責を論ぜよ。

投稿: 通りすがり教官 | 2005/12/25 16:18

教えるってのは、生身の相手あってのことですからねぇ。教本通りに反応してくれれば、そんな楽なことはない。

今は亡き指揮者の朝比奈隆先生は、「指揮法の教科書には『こう振ったら、こうなる』と書いてあるが、私は『こう振っても、そうならん』と思う」と話されたことがありました。

投稿: h | 2005/12/25 19:12

おっしゃるとおりで、もともと教育って手のかかるものだという簡単な真実がようやく見えてきたというところです。

投稿: 町村 | 2005/12/26 00:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/7803287

この記事へのトラックバック一覧です: ロースクールのXmas eve.:

« ブログ・SNSのビジネス活用事例 | トップページ | クリスマスsunday »